スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剛くんお誕生日おめでとうございます


V6の絶対センター。
去年くるぶしの分かる位置から見て、しみじみカリスマだなと。
昔からアイドルの神様に愛されてる人だと思ってましたが
そこに更に努力が重なって、目の前で踊られると目が離せないって
こういう事なんだと思い知らされました。
ダンス、また上手になってますよね、この方。
今年も是非見たいし、坂本くんが某雑誌で言ってたけど
今の剛くんでまたソロコン見たら、全然違う世界が観れて面白いだろうなあ。


取り敢えずは映画「ヒメアノ~ル」。
R15+でしたっけ。
昨今の映画にしては短めの99分間。
「正しい」映画が多くなってる中、どんだけ戦っているか楽しみ。


剛くんの37歳の一年が最良の一年でありますように


さあ、DVD祭り開催~




スポンサーサイト

昨日は神戸に居たのですが、その向かう朝に入ってきた悲しい知らせに
茫然としました。



中村屋の守り神

歌舞伎界の生き字引

中村小山三さんがお亡くなりになれたと。





高齢なのは重々承知だったけど、19代目中村勘三郎は先代の奥様好江さんと小三山さんで
つくりあげると思っておかしなほど疑ってなかったので、なんかまだ信じられない。


新幹線の中でも電光掲示板にニュースが流れてたのですが
なんか今ひとつピンとこない。




今年も恒例の番組あると思いますが、見るの辛いな…。

坂東三津五郎さんがお亡くなりになったとのこと。
知った瞬間、気落ちがすごくてネットもケータイもTVも
オフって茫然としてました。

もうしばらくは歌舞伎界からこの手のお話は聞きたくなかったんですが…。

いくら仲良し幼馴染っていったって、こんなに一緒に早く
天国行くことないじゃないですか。




昔映像で見た勘九郎・八十助の『棒しばり』が今観たいです。

+ Read More

今朝の速報。



あの高価なチケット代を支払って、なんだか敷居が高い気がしていた
歌舞伎を、それでも「生で見たい!」と思わせてくれたのは勘三郎さんでした。




言葉が無いです。


早すぎます。

あれから

未曾有の震災から1年。

不自由のない生活を送れている自分の幸せに改めて感謝すると共に
いまだ色々なことを耐え我慢する生活を強いられている方々がいることも
改めて考えさせられる1日でした。

この1年、自分はどんな事ができたんんだろう。
これから自分ができることは何があるのだろう。


10日に東京に行った時に2つの会場とも公演前のアナウンスで
(憲さんは自ら出てきて喋っちゃってたけども)
地震がおきた時に際しての事項が含まれていて、
「ああやっぱりこちらはまだ“現在”のことなんだなあ」と
思ったんですよね。


対したことは何も出来ない自分ですが
少しでも何かお手伝いできることを探していきたいです。
プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。