戸惑いの惑星
歌舞伎座出て、銀座でゆっくり贅沢ランチして
グローブ座へ。

TWENTIETH TRIANGLE TOUR
『戸惑いの惑星』

を観てきました



#TTT



先にお話し知っちゃうと楽しさ半減なので言えませんが
最後に色々繋がっていく、あのG2さん独特の集約感が
大好きな自分としては大変満足なお話でした。

今回は当然アテ書きなワケなんですが
本当にこの3人は情の深い優しい人達なんだなあと
つくづく思わされたお話で。
自分が見ているこの三人はどこか作っていたり、
虚勢を張っている姿だったりするんでしょうけど
G2さんから見た坂本くん、長野くん、井ノ原くんは
こういう人で、身近で見た人がこういう表現をするんだから
きっとこういう人だと信じきっていいんだろうなと
改めて思った次第で。

なんというか、素直に

「いい人好きになったなー」

と思えるお話でした。
いい気分だったなー、ほんと。
いい関係だよなあ、この三人。
羨ましい。

この舞台のプロモーションで「ライフワークにしていきたい」と
井ノ原くんの言葉がありましたが、トニさん達がこれから
やっていきたい未来が見えた舞台でもありました。。
本当にトニセンらしい、なんとも地に足が付いた舞台で。
身の丈にあったハコの大きさで、内容も第一弾としてかもしれないけど
とても彼らの人となりが分かるお話で、少年隊のプレゾン魂を
彼ららしく継承したステージだと思え、坂本くん、長野くん、井ノ原くんの
絶妙な絆を見れた気がして、「ああこの人たち、ずっとこんな風に
一緒にいるんだろうな」とヘンな確信を持てた気がしました。



見れてよかったなあ。
第二弾も楽しみ。




あとは生声なら尚いいけど。
歌うからなあ。厳しいか。




さ、ファンレター書くかな。
スポンサーサイト
猿若江戸の初櫓
会社がお休みの日に幸運にもチケットが手に入ったので
東京に行ってきました

まず初めに向かったのが歌舞伎座。


猿若祭2017


「猿若祭二月大歌舞伎」の昼の部1幕目「猿若江戸の初櫓」を
一幕見席で観劇。
やっぱり勘九郎さんの踊りって気持ち良い。
お話もいいんですよね。
出雲の阿国が猿若や若衆を引いて江戸にやってきて
どこに小屋をかけようかと思案している所に、材木商の豪商を
手助けする事になり、それを見ていた江戸の大名様が褒美として
自分の領地に小屋を建てることを許し、さらにその小屋の建設を
助けた材木商に任せ、猿若は大喜びで踊りを披露するというお話。
中村屋の成り立ちの一番最初のお話で、これほどこの特別な回に
ぴったりな演目はないなあと思った次第で。
事実では無いらしいですが、なんとも華やかでお目出度くて意味のある
気持ちの良い演目でした。

一幕見席、初めてだったんですが、本当に良くできたシステムで。
一幕1000~1500円くらいで見れるなんて、なんて素敵。
次回から東京行く際、時間あったら気にしてみよう


見る事は叶いませんでしたが、中村勘太郎丈、長三郎丈
襲名おめでとうございます。

ぜひ歌舞伎大好きで育っていってください。
謹賀新年
明けましておめでとうございます


今年も無事に最高の年越しをしてきました。

16-17CDL


いやもう、最高。
「Party」とうたっただけに、もうぶっ飛ばした年明けでしたねえ。

途中のMCでフミヤ氏が


「1年よく頑張った!」


と褒めてくれた時、うっかり泣くかと。

やっぱり色々疲れてたんだな、心。

そして今年もこの言葉で頑張っていけるなと。


頑張ってまた遊んでもらいに行きます!


帰りの新幹線の車窓から。


2017正月


すっばらしい富士山でした。



絶対2017年、いい一年になる!

絶対そうする!
キネマと恋人
「キネマと恋人」を観劇してきました。

凄い素敵なキャストで地元に来てくれるって事で気になってた
のですが、今まで見てきたケラ作品といえば、かなりの毒っ気の強い作品ばかり
だったので、気合い入れて万全の状態じゃないと話に飲まれる気がして
ちょっと躊躇しているうちに土日のチケットが完売してしまい
「じゃあいいか…」と思ってたところに、ふわんとチケットが
舞い込んできて、これもご縁だと思い行くことに。

お話は

≪あらすじ≫ プレスリリースより。
 昭和11年(1936年)、秋。東京から遠く遠く離れた、日本のどこかにある小さな島の小さな港町。この町唯一の映画館では、東京で封切られてから半年遅れで、ようやく新作映画がかかる。今日もスクリーンを見つめるひとりの女性、ハルコ(緒川たまき)。同じ映画を何度も観賞するハルコに気づいた映画の登場人物・寅蔵(妻夫木聡)は、あろうことかスクリーンから現実の世界へと飛び出し、彼女を連れ出してしまう。寅蔵を演じた俳優の高木(妻夫木聡・二役)は騒動を聞きつけ、なんとか寅蔵を映画の中へ戻すべく2人を探し始めるが――。


まあ、そんな感じで。
ケラリーノ・サンドロヴィッチさんが「カイロの紫のバラ」を
モチーフに描かれた作品だそうで、それをケラさん流にファンタジック
ラブコメディなストーリーに作り上げられていて楽しくて、可愛くて、
切ないお話でした。

妻夫木くん、舞台始めて見たけど、テレビの印象そのままで
明るいオーラを持っていて、役が凄くフィットしていて良かったです。
にても、なんで最後一緒に行かない決断をしたんだろう。
夢のようなお話だから、夢のままにしたかったんだろうか。
最後の船上雰囲気は後悔しているように取れたのですが。
あーもう、切ない。歯がゆい。
もう一人主役の緒川たまきさん。
相変わらず少し浮世離れしていて、お美しいままで、声も綺麗で聞き取りやすく
ほんと素晴らしいなと。
辛い日常を忘れて映画に没頭していたら、スクリーンの中から
憧れてた人物が現れて、ストレートに「愛してる」と言ってくれて
さらに、その人物を演じた現実の役者にまで出会えて真摯に
愛を告白されるって、ほんと夢心地。
最後辛い思いをしてしまうけど、そこがケラ風味。
夢見心地のとこにまんまと毒盛られたなあ。

ともさかりえちゃんもまた更に演技お上手になってて
たまきさん演じる姉のハルコさんとのやりとりのテンポの良さに
前のめりになっちゃうし、三上市朗さんの貫録のお芝居にビビるし
他の皆さんもみな芸達者さん達で、舞台転換とか空間のムダな隙の無さが秀逸。
ハルコさんが旦那の浮気現場に直面した時、白い棒と白いテープで作った
空間が歪む感じが心情ドンピシャで脱帽でした。
今思い出すと映像がふんだんに使われていたから、タイミング等々、物凄く
緻密に動かないといけないから、本当に大変だったと思います。
濃密な舞台で凄く面白かったです。


今年最後の観劇がこんなに素敵な舞台で良かったです。
来年も良い舞台に恵まれますように。
錦秋特別公演2016
毎年楽しみにしている中村勘九郎、七之助出演『錦秋特別公演2016』に
行ってきました。


今回は前回までの「芸談」だったのが、今回からは「歌舞伎塾」という
ものに変更。
より歌舞伎を知ってもらう為にお弟子さんに楽屋入りから舞台に出るまでの再現
(そのまま演目上演)と同時に鳴り物がどういう風に使われているかのご説明。
これね。皆さん本当に一生懸命で。
少しでも歌舞伎を知ってもらおう、興味を持ってもらおうと
あれもこれもめいっぱい詰めた福袋的なコーナーでした。
面白かったんですけど、まだまだ歌舞伎初心者マークの自分としては
全部が興味深かったので、全部しっかり見たいんだけど、あれもこれもが
同時進行で進めちゃうので、目がバタバタしてしまいそこが
惜しかったです。衣装つけるとこを始終見る機会なんて
絶対無いからしっかり見たかったな。
立役のいてうさんと、女形の鶴松くんがモデルになってくれていた
んですが、なぜか色々鶴松くんが遅くて(笑)
お兄さんた達から「ゆとりですからねー」と散々からかわれていて
微笑ましかったです。
中村屋のお兄さん達が次の仕度でコーナー途中で抜けると
代わりに回すのが澤村國久さんと中村小三郎さんで
いてうさんに比べると仕度が遅れてしまった鶴松くんを
國久さんがからかう、からかう(笑)
最後には

鶴松「その言い方ムカつく…っ」

ってマイク奪って言い返してました。
(でもそれも切替される(笑))
ほんと子供の頃から知ってるから構いたくなっちゃうんだろうなあ。
頑張れ、鶴松くん!
綺麗だから!(笑)

そうそう、いてうさんは岐阜出身との事でこの公演ご家族が
おみえだったようで。
そしたら勘九郎さんが「彼女、紹介した?」とつっこんでいて。
どうもご結婚されるようで。お目出度い。
となると続けて聞かれるのは七之助さんのプライベート。
去年同様「ないです」とドきっぱり。
「おじじ」と呼ばれるまではまだ遠いようです、勘九郎さん。
無理する必要はないけど、次世代大事。


休憩挟んで、2幕目は七之助さんの『汐汲』と勘九郎さんの『女伊達』。
『汐汲』の七之助さん、引抜き有り、色んな小道具を使いながらの舞踊で
楽しくて可愛らしくて、あらすじ読んで見ると切なくて素敵でした。
七之助さんというと『阿弖流為』の立烏帽子が印象強くて
私の中で『強気女子やらせたら最高』と思ってたんですが
こういうのもやっぱり良かったです。
そして勘九郎さんの『女伊達』。“伊達”と付いてるだけに
最高にかっこいい女性を踊りで表現されてました。
勘九郎さんの舞踊はド素人の自分が見ても目を引く素敵さで。
まだまだ舞踊を理解しながら見るのは難しい自分ですが
楽しかったです。

今年は舞踊が3つ続いて、しかも三者三様の女形で面白かったんですが
去年の『仇ゆめ』が凄く面白くて今でも「もう一回見たぁい!」と
色んな人にぐずっているので(迷惑)、一つはお芝居モノが入っていてくれると
まだ謡が聞き取れない初心者の自分としてはありがたいなあとも思ったり。
まあ今回は直前までの勘九郎さんの舞台はあるから
色々難しかったりしたのかもしれませんが。
まあ、この中村屋の特別公演は本当に楽しいので、来年に期待。
そして出来たら土日で来て。
平日なら定時終わりで駆けつけられる時間でお願いします…。

とはいえ、本当に中村屋さんが一生懸命考えてくれて、歌舞伎を
もっと身近に思ってもらおうと慣れないマイクを持ってお話して
くれてる姿に心底ほっこり。
これからも頑張って続けて欲しいです。
来年は歌舞伎未体験の方連れて行く予定だから是非!


実はこの公演でお着物deお出かけデビューの予定でした。
残念ながら雨。
まあ、仕事が立て込んでて全休取れなかったから
その時点で着替えること出来ないからアウトではあったんですけど。
本当に残念。
一生懸命、きれいに着れるようにお稽古したんだけどなー。

お正月は着るだろうけど、観劇デビューはこの間発表になった
フミヤのフルオーケストラコンサートに予定変更。
センチュリーホール遠いけど、なんとか着たい!
着れるようになったけど、今度は長時間着て疲れないように
慣れないと。
今年の冬頑張って着ねば。
プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる