ゲキ×シネ乱鶯

ゲキ×シネ新作「乱鶯」を見てきました。
待ってたーvv

話は「いのうえ歌舞伎《黒》BLACK」と銘打ってるだけに
普通のいのうえ歌舞伎より重厚なつくりのお話となっておりました。

新感線らしい笑いはあるけど、全体的にしっかりガッチリ時代劇。
立ち回り多いし、台詞も多い。
初っ端から古田新太の立ち回り。
年齢的にもスピード感は落ちてると思うんですが
なんでしょうね、あの絶対文句なしのカッコよさは。
あんなおもしろアイラインなのに、渋いわ、色気あるわ、
気迫に飲まれそうになるわ、本当に特別な役者だなと。
古田さん「形」というのがあるのかなあ。
ほんといつ見ても何度見てもカッコイイってなんなんだ。
久しぶりに完璧にかっこいい古田さんが観れて満足満腹。

大東駿介くん。いかにも坊ちゃん育ちで、でも真っ直ぐ育った感が
すごく気持ちよい役だっただけに、最期の場面の
哀しさといったら無かったです。
「もういい。もうやめて。分かったし!」と久々心の中で
叫びましたねえ。声の通りも良いし、また新感線で見れたらいいなあ。

稲森いずみさんは、内心びっくりなキャラクター。
儚げ美人のイメージだったのが、美人だけど愛嬌たっぷりの
ちゃきちゃきの女将さん役がぴったりで。
最後の白い着物がまた素敵。
あの着物どうしたんでしょう。丹下屋の着物とは分かってるはずで
その丹下屋はああなってしまったのも知ってるはず。
となれば「貰った」とはちょっと考えられない。
2人の間では暗黙の了解なのかなとも。
それがまた哀しい。
ほんとあの2幕後半は色々深読みしてしまって
いのうえさんの見解を伺いたいんだよなあ。

橋本じゅんさんは120%の悪役。
ここまで徹底的に真っ黒な役は初めて見た気がします。
どっかおフザケを探しちゃうんだけど
今回は無かったですね。
甘いモノのくだりは笑えるテンポでもあるけど、
それが最後の場面に繋がってるし。
あの外道っぷり。新しいじゅんさん見れて良かったなあ。

そうそう、粟根さん。
つるた屋の亭主で、十三郎を助けた後、ぽっくり逝っちゃって、
「えーっ、退場早くない!?」と思ってたら
ひょっこり幽霊になって戻ってくるという(笑)
映像になった暁に幽霊観が増すように手を加えられてて
大笑い。
てかこの勘介。後から思えば、十三郎の心の声だったのかもと
思えてきて。
そう考えると最後「好きにしな」と姿を消したのも
すんなり入ってくる気がして。
そういうとこも、いのうえさんに聞かないと分からないですが。


最後の場面。つるた屋で最後の決着を付けるのですが
その風景が秀逸。
『その場で終わるか!』と膝を打っちゃった。
でもなあ、あの店を血で汚すのはいいのだろうか。
女将さんと大事に守っていきたいモノなのではないかと
思うだけに。あそこで最後の決着はなあ。
まあ、花火から皆が戻ってくるまでには綺麗に片付けて
そうですが。
花火は鎮魂の意味。
あれだけみだれ打ちの花火はやっぱり今まで黒部が
元となり殺されてきた、仲間、丹下屋のみんな、勝之進を表現してるように
思えて、奥歯かみしめて見終わりました。

やーもー、終わった後は力入りっぱなしのラストなだけに
疲労感ハンパなかったです。

でも面白かった!
なんでこの作品DVD化されてないんだろう。
最近なったり、ならなかったり。
GVGは諦めてるとはいえ、これはいいんじゃないかなと
思うんですが。
やーーもーー、もう一度見たい!
上映、1週間だけって短すぎやしないか!?
昔はゲキ×シネ用にパンフレットがあったのに
何故今作らなくなったかなあ!!
ああ、もう、謎だらけーーー(涙)


また上映される事あったら行くーーー!!




劇場出て、日の高いうちは行列必至のサラベスで
パンケーキを堪能していると、京都の友人から
久しぶりのLINEが。

「ドアラに癒されるんだけど」

ですって。

今更!!??
スポンサーサイト

髑髏城の七人-花-LV

今、東京で公演中の
劇団新感線「髑髏城の七人 season花」ライブビューイングを見てきました。

舞台観るのは今週日曜で悩んだものの、「当たれば観るかあ」くらいで
申し込んだら、見事当選。
ありがたく観てきました。

席が悪かったんです。
二列目の一番端っこ。
始終ぼっけぼけの画面で休憩あるとはいえ3時間半は
きつかった…。
でも観て良かった!
やーもー、やっぱり髑髏城大好き。
小栗くんの捨之介が本当にカッコ良くて。
ワカドクロ、凄く悔しい思いをしたんだろうなと。
すんごい成長っぷり。
前回は、多分小栗くんの中で古田捨を引きずっていたのでは
ないかなと思ってまして。
それほどまでに強烈にかっこ良い古田捨なわけですが。
今回はしっかり小栗くんの“捨之介”だななと。
見た目良し。色気もある。あと、あの熱気と漢気。
いっやあ、かっこ良かった。
そんでもって、一番目的のふるちん贋鉄斎。
やーもー、卑怯。
先日観た友人に聞いてはいたけど、何あの面白さ。
やっぱり出てくると場を攫っちゃう。
だから、アレ履かせたのかなあ。
どうしても新感線ファンとなると古田さん見ちゃう。
捨之介の一番の見せ所なのに、主役から目を離しちゃう。
だからあれくらいのたくさとしか動けないようにしたのかなあと。
最後、霧吹きも見れてサイコーでした。

客席回転はカーテンコールが一番よく使えてたかなと。
まあ、3D始まった頃の映画で3Dであること大事で、ストーリーが
さらさら無いって作品多発で、アレになっては本末転倒なので、
自分的にはこれくらいで良かったのではないかと。

他のキャストも言いたい事いっぱいだけど
ライブビューイングではここまで。
ほんとぼけぼけで観てたので、生で観たら印象変わるかも
しれないので、週末まで保留。
でも皆さん本当に良いです。
ケガもだけど、ノドに本当に気を付けて頑張ってください。


そして最後に第3弾の「風」キャスト発表。
捨之助と天魔王が一人二役ということで「アカドクロ」より
ということでしょうか。
松ケン、ガンバ(笑)
蘭兵衛が向井理くん。どのくらい殺陣がキレるかが未知数。
蘭兵衛はどうしても早乙女くんが鮮烈すぎて、自分の中で切替が
難しくなってるんだよなあ。
極楽太夫は田中麗奈ちゃん。
こないだまでやっていたNHKの「忠臣蔵の恋」が良かったので期待大。
そしてなんといっても、狸穴二郎衛門に生瀬さん~!!!
生瀬さん、見た目もあるけど“狸オヤジ”って感じじゃないけど
新しい二郎衛門が見れそう。
あそこの場面、楽しみ過ぎる。
(絶対泣く)
で、贋鉄斎。
古田センパイ→なるしー→じゅんさんとは!
何それ、どんだけ楽しいんだ(笑)

そうなると俄然気になる「月」キャスト。
観たい人が居るんです。
観たい人がいーーるーーんーーでーーすうーーーー!!!
私の夢を叶えて!!!!!!


風も楽しみ。
さ、申込み。
無事取れますように!!!

無限の住人

お休みし出して、ひと月経ったというのに小僧が来ない。
まだ疲れてるのか。
そうか。そうか。


てことで、平日余裕が無くほとんど遊べなくなっているのですが
今年のGWは超ロングお休みと言う事で、やっと映画館に行ってきました。

見たのは『無限の住人』。

もうね。ストレス溜まってて。
「美女と野獣」とか「3月のライオン」とかも見たいんだけど
ガーーー!!とアドレナリン出るものが見たかったのです。

てことで映画。

いっや、面白かった。
三池監督なんで、エログロ覚悟でしたけど
今回は直接的視覚で分からせるんじゃなく、カメラをスラッシュさせたり
角度ずらしたり、音声だけだったりで、悲惨さを表現したりしていて、
面白かったなと。
役者さんが良いんですよね。あのキリキリした感じとか、痛感とか
演技で伝わってきて。
万次。
不老不死と言う事で、システムチックだったら興ざめだなあと
思ってたけど、さすが三池監督。
「死なない」んじゃなくて、「死ねない」だけであって
死んだ方がはるかにマシな程の辛さや痛さをその身に受けて
耐える人間で、凄い良かったなあと。
木村拓哉、凄かった。
演技も殺陣も、良かったです。
両刃の剣、ひゅるひゅる回すとこがサマになってて、かっこ良かったなあ。

また、ヒロイン凜ちゃん(杉崎花さん)がいいんです。
素直に「守るべき存在」だと認められるキャラで。
何度「ああーー、余計な事を」と言いたくなったか(笑)
“町”が可哀相だっただけに、最初の凜ちゃんの元気さが
凄い救いだったなあと。
(そこから悲劇がきちゃうんだけど)

敵方は福士蒼汰くんやら戸田恵梨香ちゃんやら。
福士くんも凄かった。図書館戦争の時より精悍になったなあ。
最強戦士は戸田さん(笑)
強い。強い。(笑)
花魁というと色気がもう少し欲しいとこだけど、戦士の
戸田さんは良かったです。
田中泯さんは出てきただけで空気が締まるし
山崎努さん、勿体ない出られ方だったー。


面白かったです。
痛いけど。
最後がアレだと「続」があるかどうか。


楽しみにしてます。

お疲れ様でした

浅田真央選手が現役引退。

地元という事もあり、小さい頃から微力ながら応援していました。
見てる側が屈託なく言う「頑張って」の声がこちらが想像できない大きい
励みにも重圧にもなったと思います。

リチュアルダンス本当に美しかったなと、今しみじみ。

今や競技としてのフィギュアスケートはアーティスティックというよりファイティング競技。
アーティスティックはアイスショーて見せてもらおう。

長い間お疲れ様でした。

引退表明が出た日、ウォークマンから流れてきたこの曲を
ずっとリピートしてました。
Coccoちゃんが書いた意味は違うと思うけど、こういう気持ちだったので。







小塚くんも氷上に戻ってくるそうで。

今後のアイスショーが本当に楽しみです。

ANN

久しぶりに「オールナイトニッポン」を聞いています。
月曜深夜25:00枠。
パーソナリティは星野源くん
去年末クールのドラマは結構見ていて中でも「逃げるは恥だか役に立つ」が
楽しくて、裏話を聞けると源くんファンの友人に教えてもらい聞き始めたのですが
結構面白くて、ドラマ終わっても聴き続けてます。
話し方が好きだし、選曲がえらく良いです。
今まで私の中では「大人計画の役者さん」てイメージだったのですが
実際は音楽よりな人なのかな。
細かくいうと、役者業は大人計画事務所所属で(劇団員でなないらしい)
音楽はアミューズとして事務所分けしてるようで。
1年間のスケジュール管理が大変そうだなあ。

まあ、何が嬉しいって、OPテーマ曲がいまだに「ビタースイートサンバ」てのがね。
もう涙出る。
変わってないなあ。
(提供少なくなったなあ…)
私的に最後に聴いたのは92年かな。
わんふーが某方のベンツの上乗っかっちゃって。
お祭り騒ぎで最高だった。
単発で出たのは聞いたかどうか忘れちゃった。
もう一度貴さんに『GOODLUCK』バックに「寝ろ!」て言って欲しいなあ。


ま、宮本さん居なくなるまでダメだな。

また貴さんのラジオ聞ける日くるかなあ。
プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる