名古屋平成中村座 昼の部

名古屋平成中村座に行ってきました。

8年ぶりだそうで。

勘三郎さんの法界坊、まだしっかり覚えてるんですけど
時が経つのは早い。早い。

今回は桜席に挑戦。
平成中村座独特の席で、知った時から気になってはいたけど
芝居が見切れるってのが勿体ない気がして躊躇してたんですが
今回チケット取る時少し出遅れたのもあって、桜席しか残って無くて
桜席チョイスに。

でも、これが良かった!!
なにこの席、楽しすぎ。

確かに見切れます。桜席左側だったんですけど、花道はほとんど
見れないし、昼の部二幕の封印切はお茶屋の様子が玄関口の
つい立で梅川やらおえんさんやら治右衛門の表情全く見えず。
でもそれ以上に臨場感と普段の観劇では絶対見えない舞台転換やら
役者さんの本番始まった瞬間の切り替わり、黒子さんの技を
間近で見る事が出来るなんて、なんて楽しいの。
普通の客席だったら聞こえない台詞の声も聞こえるし
寿曽我対面の七之助さんの足のすり足の音まで美しく聞こえて。
始終興奮してて、3幕あっと言う間でした。

演目もどれも見易い演目を揃えてくれているなあという印象。
二幕の封印切は泣きました。大まかに話は知っていたんですが
これだけの熱演を目の前で見ちゃうともうボロボロ。
お話的には途中らしくて、続きがあるとの事。
やー、どうなる。ほんと心中しちゃうのかしらん。
前半がちょっとコメディ、中盤がヒリヒリする空気、最後の悲恋。
何百年前かのお話だと思うんですけど、全然今でも心情が分かる
凄いお話だなあとしみじみ。
いやあ興奮したあ。
三幕目はお祭り。
中村屋ファンには感慨深い演目だと思う。
これは勘九郎さんの踊りを堪能できる演目で、本当に素敵。
幕があがる直前まで鶴松くんとお話してたり、鳴り物チームに
からかいに行ったりしてるんですが、いざ幕が上がると
瞬時に江戸の鯔背な鳶頭に変わってて。
時折着物の衿を正すんですが、ついでに襟足もすいっと
直すしぐさがなんとなく色気があって素敵でした。
これが最後に後ろがガーっと開いて名古屋城が見える演出なんですが
横当ての席の自分としては全く見えず。
惜しいー。でも色々美味しすぎる席―。

ほんと満足満腹な昼の部でした。
夜の部はまた日を改めて。
楽しみ。




ちゅうか、この日の夜の部に松潤来ただとう!!!


引きが弱いよ。自分。
スポンサーサイト

ゲキ×シネ乱鶯

ゲキ×シネ新作「乱鶯」を見てきました。
待ってたーvv

話は「いのうえ歌舞伎《黒》BLACK」と銘打ってるだけに
普通のいのうえ歌舞伎より重厚なつくりのお話となっておりました。

新感線らしい笑いはあるけど、全体的にしっかりガッチリ時代劇。
立ち回り多いし、台詞も多い。
初っ端から古田新太の立ち回り。
年齢的にもスピード感は落ちてると思うんですが
なんでしょうね、あの絶対文句なしのカッコよさは。
あんなおもしろアイラインなのに、渋いわ、色気あるわ、
気迫に飲まれそうになるわ、本当に特別な役者だなと。
古田さん「形」というのがあるのかなあ。
ほんといつ見ても何度見てもカッコイイってなんなんだ。
久しぶりに完璧にかっこいい古田さんが観れて満足満腹。

大東駿介くん。いかにも坊ちゃん育ちで、でも真っ直ぐ育った感が
すごく気持ちよい役だっただけに、最期の場面の
哀しさといったら無かったです。
「もういい。もうやめて。分かったし!」と久々心の中で
叫びましたねえ。声の通りも良いし、また新感線で見れたらいいなあ。

稲森いずみさんは、内心びっくりなキャラクター。
儚げ美人のイメージだったのが、美人だけど愛嬌たっぷりの
ちゃきちゃきの女将さん役がぴったりで。
最後の白い着物がまた素敵。
あの着物どうしたんでしょう。丹下屋の着物とは分かってるはずで
その丹下屋はああなってしまったのも知ってるはず。
となれば「貰った」とはちょっと考えられない。
2人の間では暗黙の了解なのかなとも。
それがまた哀しい。
ほんとあの2幕後半は色々深読みしてしまって
いのうえさんの見解を伺いたいんだよなあ。

橋本じゅんさんは120%の悪役。
ここまで徹底的に真っ黒な役は初めて見た気がします。
どっかおフザケを探しちゃうんだけど
今回は無かったですね。
甘いモノのくだりは笑えるテンポでもあるけど、
それが最後の場面に繋がってるし。
あの外道っぷり。新しいじゅんさん見れて良かったなあ。

そうそう、粟根さん。
つるた屋の亭主で、十三郎を助けた後、ぽっくり逝っちゃって、
「えーっ、退場早くない!?」と思ってたら
ひょっこり幽霊になって戻ってくるという(笑)
映像になった暁に幽霊観が増すように手を加えられてて
大笑い。
てかこの勘介。後から思えば、十三郎の心の声だったのかもと
思えてきて。
そう考えると最後「好きにしな」と姿を消したのも
すんなり入ってくる気がして。
そういうとこも、いのうえさんに聞かないと分からないですが。


最後の場面。つるた屋で最後の決着を付けるのですが
その風景が秀逸。
『その場で終わるか!』と膝を打っちゃった。
でもなあ、あの店を血で汚すのはいいのだろうか。
女将さんと大事に守っていきたいモノなのではないかと
思うだけに。あそこで最後の決着はなあ。
まあ、花火から皆が戻ってくるまでには綺麗に片付けて
そうですが。
花火は鎮魂の意味。
あれだけみだれ打ちの花火はやっぱり今まで黒部が
元となり殺されてきた、仲間、丹下屋のみんな、勝之進を表現してるように
思えて、奥歯かみしめて見終わりました。

やーもー、終わった後は力入りっぱなしのラストなだけに
疲労感ハンパなかったです。

でも面白かった!
なんでこの作品DVD化されてないんだろう。
最近なったり、ならなかったり。
GVGは諦めてるとはいえ、これはいいんじゃないかなと
思うんですが。
やーーもーー、もう一度見たい!
上映、1週間だけって短すぎやしないか!?
昔はゲキ×シネ用にパンフレットがあったのに
何故今作らなくなったかなあ!!
ああ、もう、謎だらけーーー(涙)


また上映される事あったら行くーーー!!




劇場出て、日の高いうちは行列必至のサラベスで
パンケーキを堪能していると、京都の友人から
久しぶりのLINEが。

「ドアラに癒されるんだけど」

ですって。

今更!!??
プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる