スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THIS IS IT

今日でついに公開終了の『THIS IS IT』。
自分も4回観ました。


マイケル



4回見て、毎度同じとこで感涙してしまった

なんていうかなあ。
マイケルが周りの人々の原動力となっていて、
また、その周りの人々の動き一つでマイケルをMAXまでノせていく、
その相互関係のエネルギーの凄さに圧倒されたというか。

何事もケタ違いなわけですよ。
スタッフもバンドもダンサーもセットも。
それの頂点にいて、光り輝くマイケルの偉大さ。
実は今までPVばかりで、初めて実物が歌ってる姿を見たんですが
想像以上に凄い人と知りました。

心底に完成して披露されたものが見たかったなあと。
本当に惜しい。


イメージと違って、すごく的確な指示を出せる人なんですね。
もっと天才的(なが○まさん的というか)指示を出す人だと思ってたのですが
すごく分かりやすい。

「ここでやる」
「ファンの聴きたい曲をやる」

とか一番聞きたいことをシンプルに伝えくれる。
もしかしたらクマグスで上がってた、自分の言葉に尾ヒレがついて
しまうのを懸念してなのかもしれませんが、それでも本当に
分かりやすい。

そして“マイケル・ジャクソン”というものの全てを把握し、
全ての責任を管理している人なんだろうなという印象を持ちました。
何千人ものダンサーオーディションで、まだ第一段階の何十人単位の
グループ審査の状態からきちんと参加して、自分で選び抜いていることに
とても感心。しかも拍手まできちんとしていて。それにも内心驚ろかされました。

そしてスペシャルスーパースターであるのに
周りの人に心を配れる人でもありました。
ギターソロで「ここは君が一番輝くところだ。僕が傍にいてあげるから」って
言葉も素敵だなと思ったんですよね。
マイケルがそばに居てくれるってことは観客の目が外れないってことで、
そういうのをきちんと分かってるってやっぱり一流のその上をいく人なんだなあって
しみじみ思いました。



最後の方で

『ファンの望んでいるのは非日常の体験だ』

と言うんですが、コレが分かってるっていうのがすごく素晴しいことだな、と。
“ライブ”というのはそういう空間であって欲しい。
本当に“King of Pop”の名前に相応しい方でした。


そして一緒に見たお友達が最後に

「マイケルってやっぱ“ピーターパン”なんだよね」

とポツリと言った言葉が心に残りました。



もう私が生きてるうちには彼ほどのスーパースターは出てこないだろうな。

見れば見るほどそれを痛感させられた映画でした。



戯言ですが、ワールドプレミアム。
やっぱりヒガシくんに行ってもらいたかった。
未来創造堂見たしなあ。
『ビリージーン』のダンス見てたら、

『ああ、ヒガシくんて本当にマイケル好きだったんだろうな』

ってしみじみ思ってしまって。


ま、招待客選んだ人のセンスの問題ですけども(ため息)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。