スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血は立ったまま眠っている

『血は立ったまま眠っている』を観て来ました。


なんというか内容も演出も「好き/嫌い」が
ハッキリ出そうな舞台でした。


自分的には「二度は難しいけど、一度は観る価値有り」という
内容だったかな、と。





もう少し細かい感想は後日。





----------------------------------------------------------------------




感想を少し。


ネタバレ含まれます。
特に演出。

ダメな方、スルーお願いします






血は立ったまま眠っている


Bunkamuraシアターコクーン

2010.2.14 
14:00開演



血は立ったままポスター



なんだか見終わったあとモヤモヤとした気分を静かーに引きずる舞台でした。
舞台というのはお話の作り手(今回は寺山修司さん)や演出家の方(こちらは蜷川さん)が訴えたいことを役者さん達が体言してくれて、その意図を観てる側が掴み取るという空間だと思っているんですが、なんというか今回はなんとも掴めそうで掴めない感じがモヤモヤし続けるという感覚が残りました。

寺山さんがお話を書いた時にはリアルタイムの事柄だったんだろうけど、今となっては昔の話。寺山さんがあの時代のレジスタンスをペンで表現したかったのか、はたまた自分も戦ってたのか。パンフを読んでも理解となるとやっぱり難しかったです。“行動”は分かるんですが、“意図”が掴めない。まあ、理解するには独特すぎるんでしょうけども。パンフでの寺島さんの言葉でよいんだと思うことにします。

演出は「良い!」と思うとこと「うーむ」というのがが繰り返しでした(苦笑)
役者さんがかなり客席を走り回り、台詞を言うんですが、これが良いところと悪いとこをが出るんですよねえ。普通客席に役者が下りてくるのは演出家のサプライズ的なものが多いような気がするんですが、今回は舞台スペースでは感情が収まりきらなくて、飛び出しちゃった感じ。ただ現実後ろ向きに話されると、音が篭り、台詞が聞き取りにくい。そして前方の人は振り向いてみていいのか、前を見続けなければいけないのか迷う(苦笑)あと最初と最後の演出はとても好き。何もないがらんどうの箱の中にわーっと人が駆け込んできて、背景が立ち上がっていき、話が始まり、最後は逆に背景がばっさり無くなり、人物が静かに引いていき、最初のがらんどうな空間が残る。特に最後は大騒ぎの騒音の後の静けさなので、最後の虚無感がすごく際立ってて良いなあと。なんていうか、ぽっかりと真っ黒な箱にぶわぶわっと真っ黒い煙が湧き出し、それが最後すうぅーっと消えてしまう感じというか。蜷川さんが製作発表の時「悪夢」と言ったと思うんですが、本当に夢をみているかのような感覚でした。

剛くん、良かったです。ピュアな感じがとても良い。以蔵と似てるキャラだけど、違うんですよね。とても良かったです。窪塚くんは、とても二枚目な人でした。良のような人間があの顔で知的に語られたらというのを想像したら、確かに心酔するかも。そこに現れる寺島さん。夏美・18歳!声が違―う!遠目で見たら、本当に少女のようで、違和感のなさに驚きました。力ある人ってすごいなあ。この良(剛くん)、灰男(窪塚くん)、夏美(寺島さん)のバランスが話のキモなんですが、よく伝わってきたなあと。良と灰男の関係は夏美が現れる直前に完璧に近いものになっていたのに、夏美が現れることによってバランスを崩していく。夏美=女で、寺山さんに言いたいことは“女”って聖母でもあり、魔物でもあるのかなと。なんかそんな風に受け取れました。ただ最後の方の解釈が私には分からなくて。死んだ夏美と灰男の間の赤い帯の意味、客席に向かって灰男が見せた真っ赤な舌、灰男が良の理想通り爆破を実行したのに何故狂わなければいけなかったのか。もう一度寺山さんの本を読み直すかなあ。




ま、子供連れて観に行く話しではないです。
女ひっぱたいて、ひっくり返してヤっ/ちゃっ/てんだもん。
猫殺/しも最後のリン/チシーンも原作読んで想像しちゃったものに比べると、そんなにショッキングなものになってなかったんですが、あのシーンは気まずい…(苦笑)
まあ、自分がブルーデイ2日目に見たというのも関係しているのかもしれません。




余談1.
初コクーン。
一度は行ってみたい劇場だったので、嬉しかったです。
本当に良い劇場で、ケータイは圏外になる装置があるらしいし、帽子をかぶってるお客さんに脱帽を促してくれるし、クロークあるし、幕間にロビーでワインが飲めちゃうし、ちょっと大人が楽しむ劇場な感じで素敵でした。また何かで行けたらいいなあ。


余談2.
一人ぴかぴかしてる男の子がいるなあと思いきや、どうも嵐の松本さんだったらしい。
通常だと幕明け前は暗転することが多くて、その真っ暗の中席に入ってくるものなのに、この舞台、二幕が明るいまま始まるので驚ろかれたかも(笑)



超余談3.
電車の中で見たマックカフェCM。
中村家が勢揃いしていた!
いやーん、音声有りで見たいーっ。
(すみません、まったく関係ない話で…)




それにしても久しぶりの東京。
年末に東京行くと、大晦日仕様でお店も早仕舞いしていたり、
人も少しは空き気味なのですが、今回はフル活動中の東京、しかも渋谷ってことで
信号に立ってるだけで眩暈起こしそうでした。

やっぱり東京に住んでる人たちってすごいエネルギーがあるわあ…。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。