スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1031回「今年の夏に観た映画について」

ちょうどタイムリーなトラバテーマだったので。



第1031回「今年の夏に観た映画について」


やっと重い腰をあげて『借りぐらしのアリエッティ』を見てきました。
ジブリ作品。監督は米林宏昌監督です。

私は宮崎監督がまるっと作ったアニメが好きで、原作有りとか、
他の方の監督作品はいまひとつハマったことがなかったのですが
今回は見て良かったなあ、と初めて思ったかも。
不気味さとか人間のエゴな表現が宮崎さんが監督をされる作品と
違ったテイストで表現されてるように感じたのが印象的。
面白いなあと思ったのが、最後のハルさんの印象。
私はイヤな印象だったけど子供たちには大ウケ。
無垢さの違いを目の当たりにしました

そして効果音がとてもリアル。
お父さんとアリエッティが[借り]をしに行くところの
足音とか、きしみ、ロープのすれる音とかがとても細かくつけてる印象。
見てると人間の世界とは違う、アリエッティの世界での
音の聞こえ方で表現されてるんだなー、と面白かったです


壮大な話ではなくて、日常の中ほんの少しのファンタジーな
時間のお話でした。
セシル・コルベルの音楽がまた抜群に良かったです。




ただやっぱりメインどころは声優さんを使ってほしいと思っちゃう
別に悪くないんだけど、なんかどっか粗い感じがするんですよねえ…。
す○きP、日本の声優さんのどこが気に入らないんだろう。



余談。
上映前の予告で『SP』の予告と遭遇。
前半が完全TV放映のダイエジュトで「え~…、使いまわし?」と
思いきや、後半ちゃんと劇場版の映像でホッ(笑)

まあ、ハデ。

よくまあ、日本映画であそこまでドッカン!ドッカン!
大爆発させれたなあと。
なんかアメリカ~ンな映画ぽかったです(笑)

『GANTZ』(思ってたよりかっこいい予告で感嘆)や
『ハリポタ最終章』、の予告も見れて、すごく「ごちそうさま」な
予告集でした。満足。
10月以降は楽しみな映画がいっぱいで嬉しいなあ。
スポンサーサイト

Comment

友紀 | URL | 2010.08.29 01:49
知的の子の付き添いで観てきました。
おもしろかったのはおもしろかったけど…、微妙な物足りなさを感じてしまったのは私だけ???
でもいい映画だったと思います。
すず | URL | 2010.08.29 23:00 | Edit
友紀さん
私は少し期待値低めで見たので、それが良かったのかもですi-229
アリエッティも予想どおり可愛かったですし、それで良しかなと(笑)
Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。