スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大奥

『Pal Joey』こぼれ話。
先日の高畑さんのお誕生日にサプライズがあり
坂本くんの例のBDソングが流されたそうで

今回ほんっと完璧なまでの緘口令っぷりに『仕方ないんだよなあ』と
苦笑いしてたんですが、アンサンブルさんの『我らが敬愛する…』って一言で
テンション激あがりっ

ああ、今回も愛されてるか~と思わずニーヤニヤ。

早く観たいー



それはおいといて。




黒地に黒の流水紋ってあんな感じの事を言っていたのか。



ってことで、『大奥』見てきました



なんかもう、存外良かった。




ネタバレやら色々あるので、ダメな方、お気をつけください



ニノちゃんもコウちゃんも好きなんですが、基本原作ファン。
やっぱり内心は実写化不安だらけだったわけです。

なんていうかなあ。
原作と“切ない”の質が一緒だったというか。
優劣はあるけど、ちゃんと“切ない”部分で切ない気持ちになれたから
良かったんじゃないかなと。

どうしても説明ごとが多いんですよね。
男女逆転になった訳、逆転した江戸の風俗、大奥とは、
男女逆転した大奥の風俗…、と山積み。
そのせいか吉宗さん出てくるのが遅いったら

(でも暴れん坊将軍な吉宗コウちゃんはかっこ良かった


ニノ水野良かったです。
彩り鮮やかな裃つけると確かに少し幼い感じあるけど
19歳設定なんで、まあいいかなと。
なんといっても

「それ以上言わないでくれ。心が曇る。」

のセリフ。
原作は声が荒れるんだけど、ニノ水野笑うんですね。

衝撃でした。
そうか。笑うか。

だから泣ける。
二宮くん力ある役者さんなんだってことを目の当たりにした気分でした。



楽しゅうございました。




あとは余談。
ちょっと気になってしまったので。




余談その1.
ムロさん。

『2ndハウス』→『うぬぼれ刑事』→『大奥』

と、私が見てるかぎり、どんどんヘンタイ気質な役になっていくんですが。


どうなのよ、それ(笑)



余談その2.
話的に艶っぽいシーンがあるんですが

(それでも極力抑えてたなー)
(嵐ファン低年齢層対策だよなあ)


中には衆道くさいとこもあるわけですよ。

頼むから、腹くくって見にきて。

いちいち色めきたたれると萎える。


余談その3.
ニノ水野、本当にイイ男でして。
一番の色男セリフは

「お願いとあらば抱かれてやってもいいんだぜ、幼なじみ殿」

てのがあるんですが、それがとても良くて。
ふと、今度観るパルジョーイの坂本くんは、大丈夫なんだろうかと思っちゃって。
頑張って色気振りまいててくれるといいんだけど。
どおーーかなーーーー




なんかごちゃごちゃ言ったけど、「キャストのファンだから」とか
「原作ファンだから」とコアに拘らず、「なんか面白そう」とライトに見れば
楽しめるお話だったんじゃないでしょうか。



1000円デーに見たのですが、ミッドランドシネマの一番大きいシアターが
公開一週間以上経っているのに満席(しかも全員女性)。
前売り発売当日、午前中で売り切れただけのことはある。
いやはや、やはりすっごい人気なんだなあ。
スポンサーサイト

Comment

友紀 | URL | 2010.10.14 18:41
気にはなってるんですけど…行けるかどうかは微妙かなi-241
でもすずさんのコメ見て、ますます気になる…
すず | URL | 2010.10.15 22:22 | Edit
友紀さん
『おにいちゃんのハナビ』の真逆にある映画でしたね。
原作なり、キャストなりのファンじゃないとちょっと
見づらいかもですねえi-229
でもかなりの人気作のようなので、長く公開するんじゃないでしょうかi-179
Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。