おにいちゃんのハナビ

新番組が続々始まってます
とりあえず『旅猿』と『医龍3』を見ました。

『旅猿』は元々好きな番組だったんですが、いよいよレギュラー化
でも岡村くんがお休みの為、ピンチヒッターで矢部氏が参加。
岡村くんだとつっつん(D)と東ノリの間で一生懸命間をとりなそうと
するのが、矢部氏だと説教になっちゃうんですね。爆笑。
来週も楽しみ

『医龍3』は相変わらず抜群のキレのよさ。


一徳、どうしてああも不気味!(大笑)


サダヲちゃん、初回で倒れちゃってどうなるんだろう
頼むから、現場戻ってきてぇ


そして今、『SPEC』見てますが、これも相変わらずの堤ワールドで
ハマる………っ

秋クール、ヤッヴァイわあ


あ、健くん@金曜日のキセキ。
えらくまあ、アヴァンギャルドなアタマになっちゃって
30歳であのアタマが出来るって若いなあ




ま、それはひとまずおいといて。



『おにいちゃんのハナビ』見てきました


Yahoo!映画ではユーザーレビュー4.5以上、
ぴあの満足度ランキングも3位という高評価作品。

話の内容は重々分かって見たのですが、やっぱり泣いてしまった。
ポロポロ、ポロポロ止まらなかったです。

難病からみですが、けして「可哀相」だとか「不憫だ」とかではなく
人の気持ちのあたたかさに泣けるお話。
おにいちゃんの成長ストーリーでした。
妹の華ちゃんが亡くなってしまい、とある出来事があり
(ここ言えない!)
それをキッカケに生前華ちゃんが強く想っていたことを
実現するために孤軍奮闘するんですが、けっして“独り”では
ないんですね。ちゃんと見ていてくれる人たちがいて。
最後にあがる2発の花火には泣くしかなかったなあ。

すごくシンプルな内容なんですが本当に良かった。


“おにいちゃん”太郎役は高良健吾くん。
妹が半年入院している間に引きこもりになっていまうんですが
その引きこもった“感じ”がすごくよく出ていて。
あの「ムリ。ムリ、ムリ、ムリ……」って言い方とか
目が隠れちゃう長さの前髪とか、『ああー』と
“カンジ”出てるなあって感心。
その妹・華ちゃんは谷村美月ちゃん。
難病で、内心周囲の人間に申し訳ない気持ちも持ってて、
でもめいっぱい明るくふるまう姿に、「それだけですごいこと」と感心。
この映画の為に本当に頭まるめたんですよね。
それもすごい事だなあ。

引きこもりのお兄ちゃんを家から引っ張り出して
自分の友達と一緒に遊びに連れてって、結局途中で二人で
帰ることになるんですが、その間の言葉づかいがとても
普通で、とても自然。
そんなとこも見所だと思います。



パンフを読んでみると国本監督が映画化にあたって
「そっとしておいてほしい」という気持ちの強い親御さんからの
許可を取るのが大変だったとありました。
でもフミヤが片貝の花火祭りの日、ご挨拶にきてくれた本当のお母さんが
美月ちゃんを抱きしめて言った言葉を知って、良いこともあったんだなあと
また感涙(笑)
いやー、まいった。

派手ではないけど、とても真摯で超良作。




フミヤファンだからじゃなく、邦画ファンとしてお勧めしたいです。


DVDで見るんじゃなくて、映画館でゆっくり上映していてほしい。
いろんな人に見て欲しいと願ってます。


109シネマズ名古屋では21日までの上演。




ほんと見れる方は是非。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる