スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十七代目中村勘三郎二十三回忌追善舞踊会/夜の部

『十七代目中村勘三郎二十三回忌追善舞踊会』に行ってきました。


チケットが高価なので、なかなかホイホイ行けないですが
平成中村座の熱を忘れられないでいる身としては、
やっぱり生で観たくなりまして。



やーもー最高!!!



3つの演目すべて素晴らしかったし、
なにより最後のカーテンコールの暖かさに感動。



行って良かったあ



少しだけ感想をば。





『十七代目中村勘三郎二十三回忌追善舞踊会』



2010.11.28  16:30開演

御園座



[演目]

一、藤娘
二、身替座禅
三、連獅子

一つ目は七之助くんの『藤娘』。
もうどんだけ可愛いんだろう!と始終見惚れてしまいました。

ニつ目は『身替座禅』。
これは生で見るのは二度目。
勘三郎さん、なんて酔っ払いのデロデロの演技がうまいんだろう(笑)
間が良いのですよ。ほんと感心。

そして3つ目!

『連獅子』

これが心底生で観てみたくて!




圧巻。




一つ前の演目が笑えるものなので、気持ちが入るかなあと
思いきや、もう花道出てきて、勘三郎さんの目を見た瞬間、
『身替座禅』の浮かれてた気持ちが吹き飛びました。

『連獅子』の毛振りの大迫力にクライマックスから会場中大興奮の拍手の嵐になり、
そのままカーテンコールに突入。

『連獅子』って結構もてる体力全て使い切っての毛振りなので
内心「出ては来れないだろうなあ」と思ってはいたのですが、
(それでも拍手を続けないと全然気が治まらない)
なんと幕が上がって、勘三郎さん、勘太郎くん、七之助くんが再登場。


勘三郎さんからご挨拶がありました。

中村家は名古屋の出だということ。
先代も自分も役がつかないころから、御園座だけは役をつけていただいたとうこと。

このへんで七之助くんが舞台ソデに何かを言いに行きます。
(子獅子の格好でひょこひょこ走ってる姿がなんだか可愛らしかったw)

最初「帰っちゃったって」みたいなことだったので、マイクでも取りに行ったのかなと思いきや、

なんと小山三さんが登場!


勘三郎さんが話される前に座らせてくれたのですが、もう皆、小山三さんの姿見たら
座ってられなくなり、総立ち。

有名なお話ですが、十七代目は「棺おけには小山三を入れてくれ」というくらい
大切なお弟子さんで、勘三郎さんの隣で小三左さん感極まって、
最後には手をついて頭をさげていらっしゃいました。
もしかしたら誰より十七代目を大事に思い続けてる人なのかもしれない。
そう思わせてくれた姿でした。


もうそんな姿にうっかり貰い泣き。



すごく良い舞台を見せていただきました。



やっぱり中村家の歌舞伎はこれからも出来るだけ観たいと
再認識しました。



頑張ろう!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。