スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金閣寺





“金閣”はそういう風に表現されたのか。


原作読んで行って良かった。




そしてすごいニュースが。
リンカーンセンターフェスに招聘って!

すばらしいこと。

森田さんらしく頑張っていただきたいです。




------------------------------------------------




もうすこし感想を追加。




金閣寺


2011.3.5  18:00開演

愛知県芸術劇場 大ホール




ネタバレ含まれますので、ダメな方はお気をつけください。


とにかく表現の仕方が印象的な舞台でした。
『TF』が苦手だったので、どうなるかと思ったんですが
現代のワークショップのような世界から始まって
『金閣寺』の世界へのトリップの仕方、“金閣”(鳳凰)の
表現の方法、最後の『金閣寺』の世界からの抜け方までが
本当に素晴らしくて、ひたすら関心してました。

三島先生の小説は息苦しく感じるくらい緻密で内向きの
溝口の思考の世界は難解で、そのままを現実化するのは難しいことだなあと
思ったし、正直完読したけど三島先生の訴えたいことが
掴めたとは到底言えない状態だったので、はたして少しでも
舞台に興味を持てる”何か”が掴めるのかなあと不安な気持ちを
持っての観劇だったんですが、観てみると宮本さんの伝えたいことは
分かったような気がしたし、『おはよう日本』のインタビューの
印象どおり、意外と前向きで、シンプルに捉えたらいいのじゃないかと
思い返しています。


メイン所の森田さんの“溝口”も、高岡くんの“柏木”も、
大東くんの“鶴川”もハマっていて本当に良かったのではないかと。
しいて言えば、母親がなんだか大阪あきんどのような元気さだったのと
娼婦の腹を蹴る場面がえらく激しかったのと
老師が街で溝口を怒鳴りつけるところがさらっとしていた
ところが自分の想像していたものと違って
『え?え?』となったことをおいておけば、
かなり秀でた舞台を観れたんじゃないかなと思います。

まあそれは、小説を読み終えたのが当日の午前中だったりして
自分の想像の『金閣寺』から全然抜けてない状況で
観た自分がどんくさいだけって話なんですが(苦笑)


ゾロもあるし、ほんっと「森田さんの舞台だし」ってだけで
チケットを取ったんですが、観て良かった。




リンカーンセンターフェスティバルの件。
米兵の場面とか、海外の方が観てどう感じられるかとか
気になるところですが、三島精神ってやっぱり今でも
強烈なものがあると思うし、もう一つ、あの表現力は
向こうに呼ばれるだけのものはあるんじゃないかと。

その時の評価も知ることができたら嬉しいなあ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。