戦争はNOだ

BSプレミアムで放送中の『BSシネマ』。
なかなか自分の好きな映画を引っ張ってきてくれるので最近楽しんでるのですが
昨日は『ノーマンズランド』が放送されました。

そう、2007年に坂本くんが主演した舞台の大元。



ノー・マンズ・ランド [DVD]ノー・マンズ・ランド [DVD]
(2002/12/18)
ブランコ・ジュリッチ、レネ・ビトラヤツ 他

商品詳細を見る




原作のある舞台の時はなるべく原作を知ってから観る方なんですが、
これだけはどうしても手をつけられなかった作品。
舞台の内容の重さにその後もパッケージを見かけても
手が伸びずのままでした。

だいぶ時間も経って、テレビなら最後まで見ることが
出来るかなと思い
(ストップボタンが無い、というプレッシャーで
見てみたのですが、やっぱり抜群にヘビィだった。
そしてやっぱり「見て良かった」と思わされました。



「殺りくを目の前にしたら、傍観も加勢と一緒だ」

というセリフがありました。

舞台では【殺りく】が違う言葉だった気がしますが
忘れられないセリフの一つ。
規模が全然違うけど、小さい【見て見ぬフリ】なら
やはり何度か自分もやってきたことで、本当に痛い言葉でした。

最後、舞台はツェラが自ら終わらせるようになってましたが、
映画は国連もその場に来たメディアも塹壕の中にツェラが残っているの
分かっているのに、目を瞑り引き上げいき、ツェラはただ空をじっと見つめ、
カメラが正面から引いていきフェードアウト。



絶望すぎて涙も出てこない。
空が綺麗で、それがまた悲しい。



「戦争はフツーの人が人を殺すことを正当化できる唯一の理由だ」って
どこかで聞いたことあるけど、本当に嫌になる。
お願いだから、そんなことが日常になることがないようにと
祈らずにはいられない映画でした。

見てよかったなあ。





これを見ていて思い出したのが先日のパキスタンの件。

ちょうど今日、会社で米系の施設や会社には極力近づかないことと
注意勧告が出ました。
米国で注意じゃなくて、世界規模で米国が携わっている施設には、
という注意ってかなりの非常事態なんだろうな、と。


『金閣寺』NY公演、無事の閉幕、そして帰国を。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる