与勇輝展

現在、松坂屋美術館で開催されている『与勇輝展』に行ってきました。

ここ数年、名古屋で展覧会があるときは何気に毎回行っていて、
何度見ても飽きない人形たちに驚かされます。

あのリアルと幻想の狭間の空気感がたまらない。

今回は“昭和”をテーマに明治~昭和前期を背景にした作品が
多数展示されていたのですが、一番印象的だったのが


『姥捨山』


という作品でした。

小説「楢山節考」がモデルとのことで
老婆とたぶん息子がしっかりと抱き合っている姿に
思わず胸が熱くなりました。
基本目を惹かれるのは『うたた寝』などの子供がモデルのものなんですが
これはちょっと特別だったなあ。
展示の仕方も今までより工夫をこらしていて
紗のネット越しでその世界観を表わす照明が
一層その世界を引き立てていて良かったです。


与さんの展覧会が地元で開かれる際は
是非寄らせてもらいたいです。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる