スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィキッド

もう一つ感想アップ。

久しぶりの四季。
楽しかった!





ウィキッド


2011.10.12  18:30開演

新名古屋ミュージカル劇場



久しぶりに名古屋に初お目見え作品ってことで、かなり期待して行って来ました


ここ最近、あまり四季作品で心躍るものに出会えなかったんですが、今回のは1幕終わりで結構おなかいっぱいになるくらいの満足感。
シュールなとこもあるけど、笑えるし、テンポも今ドキで、面白かった!


グリンダの苫田さんは可愛いー。
ちょっとムチムチしてるけど(笑)
天性の明るさで人を惹きつける魅力ある女の子なんだけど、でも本当に欲しいのは魔法の力で、エルファバのおかげで魔法の力を手に入れるんですが、なかなか切ない役どころで。
ガッツリ彼女に感情移入して見てたので、もう最後切なくて。
“冠する者は孤高”というのはセオリーだけど、あの最後は切なすぎ

エルファバの江畑さん。
少し歌が弱いかなと冒頭思ったけど、1幕最後は大迫力。
(これが本当に生オケならいいのに…)
ずっと虐げられてるし、切ないんだけど、最後は愛する人と両想いになれたんだから、幸せなんですよね。

フィエロの北澤くん。
久しぶりに四季で王子らしい王子を見た気分(笑)
(大変失礼で申し訳ない…)
放蕩ぶってるけど、性根はいい子でそんなところが見え隠れする物腰というか声質というか、かなり私の中でヒットしました。


惜しかったのは自分が「オズの魔法使い」をもう少し予習していかなかったこと。
エピソード0と言われてるだけに、ちゃんと踏襲してお話が進んでいくんですが、いかんせん自分の知識が“臆病なライオン”“心の無いブリキ男”“脳みその無いカカシ”がドロシーという女の子と旅をして“オズの魔法使い”に会いに行くという流れしか知らないので、キャラクターが出てくると『おお』と思うんだけど、どうやってその先にあり、大本の『オズの魔法使い』のお話に繋がっていくのかが分からなくて、多分知ってる人見たら感動倍なんだろうなあ。


多分ロングランだし、予習してもう一度観に行けたらいいなあ
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。