スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FNS歌謡祭2011

木曜の『した』は10年ぶり宜保タカ子復活。


もー爆笑に次ぐ爆笑で頬の筋肉がつりました


こういう攻めの姿勢、ほんと大好き。
ああもう、録画しておきたかったわあ




さて。

FNS歌謡祭。

録画していたものをスキップしながらチェック見。


なんか諸々噂は聞いてたけど、すっごい放送っぷりでした。


そんな中、ブイさんたちはというと。

ブイさん達良かったあ
ヘンサーチは一切見ていない母にとって、半年ぶりのV6の姿で
歌の間中「剛くん、ほんとかっこよくなったねえ」と歓心しきり。
いやもう同感。
本当に踊る剛くんは格別だなと改めて思いましたね。
早く今年のライブを見せてあげたいなあ。

それと。
アオる太一くんに「うるさい。」と口パクで上から言う坂本くんも良かったです。
去年、おととしの曲だと困るけど、今年のような曲なら
ああいうガヤありがたい


その他はやっぱりマルモリが良かったなあ。
ドラマ見てただけに、パブロフ的にこの曲は微笑ましくって仕方ない。
そしてムックのところをサダヲちゃんにしてあげたい気持ちで
いっぱいになるんですよ。
一緒にドラマ頑張ったんですからねえ。
この人気にも乗っからせてあげたかったー


AKBは今年はインパクトに欠けるような…
ベストアーティストが超良かっただけに期待してたんですが。

(ラ○パブかと思った…)
(でもあのコス、超絶可愛いかったのよ!)


なぜに『フラングゲット』でないんだろう。
なぜ今カチューシャ?
腑に落ちないわあ。


コラボでは薬師丸ひろ子さんと平井堅さん組、
氷川きよしくんとゴスペラーズは良かったなあ。
後はあまりパっとしなかったというのが正直なとこ。


劇団朱雀は最初は一世○靡セピアみたいだー、と思ったりしたのだけど
途中からどんどんマ○ラオのスパイ○ーマンに見えてきて
申し訳ないけど笑ってしまった
良いパフォーマンスだとは思ったけど、やっぱり劇団朱雀といえば
早乙女太一なわけで。
その大看板が不在なのに何故キャスティングしたんだろう…。


ベン・E・キング、AIちゃん、JUJUちゃんの『STAND BY ME』
そんな凝って聴いてた時期があったわけじゃないけど、
やっぱり名曲だなあって改めて思わせてくれました。
ただ、ベンが両サイドのAIちゃんやJUJUちゃんと顔を合わせようとしても
全然タイミング合わないのを見ていて、ベンとどちらか一人だったら
もっと歌いやすかったのではないかと思えてしまいましたねえ。


SKEはカメラワーク。
あの俯瞰の固定カメラのみっていったいどうしたことか…


そして、嵐。

嵐はなあ。
あれは、事故だったなと。
ピンポイントで何かが悪いんじゃなくて
いくつもの災難が重なっちゃったって事だけで。
今年の嵐しか見てないとアレコレ意見言いたくなるけど
数年前の矢島とか覚えてる人間にしてみれば可愛いもんだな、と。
良かったじゃん、逆じゃなくて!(笑)

次の機会での挽回を期待しています。



過去の映像頼りが無くなったのは良いことだなあと思ったけど
やっぱり年々、この番組の音楽を大事にする気持ちは
削れてきてるんじゃないかなあ。
見てくれはやたらと豪奢で格式高そうに見えるだけに
もう少し内容も大事にしてくれたらと思います。

(なんで貴○花が歌ったか分からん…)


日本の音楽の力と質は小田さんの『クリスマスの約束』(TBS)に
期待しよう。




ぜひ放送したものを全員揃って見直してみるべき、音組。


スポンサーサイト

Comment

友紀 | URL | 2011.12.12 10:58
今年のFNS、確かに歌はたくさんだったんだけど、なんか物足りなかった気がします。
司会もあれじゃいらないよねi-183と思っちゃったし。
なんか変わっちゃってるよね…
すず | URL | 2011.12.12 20:59 | Edit
友紀さん
生放送であの長丁場では相当大変なのは分かるんですが、
もう手におえてないというか…i-201
すごく楽しみにしているから、おかしな事あると残念感が大きいんですよね。
来年は内容の充実した番組を作って欲しいと思っていますi-229

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。