ア・ソング・フォー・ユー

私の通っていた小学校では登校の時間、給食の時間、
掃除の時間、下校時間にカーペンターズの曲を流していて、
その曲調が大好きで、放送委員までやったりしたもんでした。


それからン十年経って。


まさかカーペンターズの曲で綴られるミュージカルを
観れる日がくるなんて思いませんでした。




ア・ソング・フォー・ユー


2011.12.21  
18:30開演

中日劇場






主演は川平慈英さんと、春野寿美礼さん。
カーペンターズの曲調というと、『マンマミーア!』みたに
パンチのある曲というわけではないから、どうするんだろうと思っていたのですが
春野さん、松本紀保さん、吉沢梨絵さんの3人がカーペンターズを
カバーするガールズグループとして、ライブという設定で
沢山のカーペンターズの名曲を歌ってくれていました。
なので1曲の半分は原曲の英語歌詞そのまま、半分を日本語という感じ。
時にはミュージカルナンバーとして役の気持ちを乗せて歌っていることも
あるけど、概ねライブ設定でしたね。

中盤、みなが悩み迷う心で「いやだなあ。落ち込んじゃうなあ」と歌う
『雨の日と月曜日は』で思いがけず涙しました。
切ないけど、どこか癒されるんですよねえ、カーペンターズの曲って。
やっぱり大好き。





春野さんはさすが宝塚出身。
新感線の『薔薇サム』で見た天海さん同様、一つ一つの立ち振る舞いやポージングが
本当に優雅で見惚れちゃう。
慈英さんはもう、どこまでがアドリブで、どこから脚本どおりか分からない(笑)
一本気で、時には人を傷つけるような事をしてしまうけど
絶対に憎めない何かがあるですよね。
尾藤イサオさんと杜けあきさんのライブハウスのマスターとママのカップルの
仲直りの場面。
尾藤さんのセリフがとても心に残りました。
前に歌手のこっこちゃんが雑誌のインタビューでで似たような事を話していて
まるで沖縄の現状を示唆しているように思えたんですよね。
人生の先輩役の上條恒彦さん。
ゾロの時、やっぱり何かでノド傷められてたなあと(苦笑)
『雨の日と月曜日は』良かったです。
坂本くんの次回作のヒロイン大和田美帆ちゃんは、耳障りの良い
素直なステキな歌声のお嬢さんで、更にマイワンが楽しみになりました。
舞台度胸もいいんですよね。
これは楽しみだなあ。


カーテンコールはキャスト全員揃って『TOP OF THE WORLD』の合唱。
思わず一緒に歌っちゃったなあ。





東京公演ではアフターイベントが何度も開催されていて
羨ましかったんですが、名古屋じゃ何も無いわなあと思っていたら
なんとこの日、名古屋在住の大和田美帆ちゃんのおばあ様が
89歳のお誕生日
で、会場に居らしているという事で、
慈英さんが音頭を取ってくれて、会場中で「ハッピーバースデー」を
大合唱しました。

ああ、楽しかった!

12人しかいないこじんまりしたカンパニーだけど
ほんと元気で暖かくていいカンパニーだなあと
終わったとき、あったかい気持ちで会場を後にしました。
久しぶりにカーペンターズのCD引っ張りだそう



さあ、次はいよいよ坂本くんのミュージカル。

ウワサではA先生も出られるらしい。


楽しみ!





ア・ソング・フォー・ユー公式HP
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる