スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天地明察

「ウィルヴィル チーム蜷川」は無事チケット確保。
FCで落としたら、もう絶対手に入らないって思ってたので
本当に良かったなと

これであとは12月ともう一つの2月の当落待ち。

当たれ!



さて。


「天地明察」公開スタートということでプロモーションも
連日続いてるようで、岡田くんを見かけることもしばしば。
「した」はきたなトラン。


1軒とはどーしたことか。


時間が無かったってことかなあ。
せっかくのきたなトラン。できればクソ暑い中、完璧フォーマルで
現れて欲しかったですね。
英明並にビショビショに濡れてしまう岡田くんが見たかった
それにしてもカトパンのスープの飲みっぷりはお見事。
平井ちゃん卒業の後は、カトパンか山崎にお願いしたいわあ。

マネキンは久しぶり見たけど、やっぱり苦手
言われる方も、言わされてる方、どっち見ててもモヤモヤしちゃうんだよなあ。
TBS製作の映画なんだから仕方ないんだけど「あらしちゃん」じゃなくて
「しやがれ」だったら良かったな。
てかTBSなら「Aスタ」出て欲しかったなー。



て、ことで(?)映画の方も無事見てきました。
角川製作の大型映画。
天空を相手にするお話だけに、なんていうか心が広くなる感じ。
岡田くん、良かったです。
最初は無垢に天や算術にのめり込んでいるのが、多くの体験や
人々と関わって、歴を正すことを天命とした時から言動等に
確固たる意志が見える感じが良かったなと。
碁を打つ姿勢やしぐさも綺麗だったなあ。
岡田くん扮する安井算哲の妻・えんの宮崎あおいさんも素敵。
初めての日食・月食を当てる三番勝負に負け全てに投げやりになる
算哲を叱咤する場面が印象的。
他の役者さん達もみな力のある方々で、本当に丁寧に作られた質の良い映画だったなと思いました。
そうそう。
染高麗の「おじゃる」がおかしくないことにも小さい感動したな(笑)


ほんとキラキラして素敵な映画でした。
このお話が岡田くんの役者仕事の中で一番好きかも。
こんな現場に居られたら、映画の現場楽しくて仕方なかったろうなあ。



次回作も楽しみにしています。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。