人にあらず
大河ドラマ「平清盛」第38話「平家にあらずんば人にあらず」



ついに平時忠の最高の見せ場の日がやってきました。




いやもう、森田さん、感服。




こんな風に言うんだって思いもよらなかった。
もっと不遜な態度でくると思ってたんですよ。
姉ちゃんも妹も華々しいとこいっちゃってるのに、一人平家の黒い所を
引き受けちゃって。
アウトローで一人好き勝手やってるように見えるけど
みなが目を背けているイヤな一理を事も無げに言う時忠くん。

あの回好きだったなあ。
清盛が頭領になったお披露目の宴で膳の用意が足らず、それなら琵琶で
場を取り繕えと言われたけれど、琵琶も弾けなくなっていて怒る清盛に
先の奥方の琵琶の音を覚えていたいから、他の琵琶の音は聴きたくないと
言ったのは貴方だと、さらっと言ったシーン。
清盛を責めるとか、姉を守るとか、って気負って前に出るんじゃなくて
“事実”を言っただけ、って感じが凄く良くて。
その感じが今も一貫されてる気がします。

で、今回の「平家にあらずんば人にあらず」。
今自分がやってることを賛でも否でもなく、
ただそういう流れに今自分は飲まれているから粛々と請けるのみって
感じを受けました。
聡い人だなあと思う。
そして清盛にその才を見抜かれて使われる。
でも清盛の波に飲まれてないと自分も「あらず」に入ってしまう事を
悟っているんじゃないかというような悲しい暗い響きがあったようなこの一言。
聡いも過ぎると生き辛い。



ここが平家の栄華の頂点ですかね。
大河ポスター3部目の「諸行無常始まる」は来週から
いよいよきそう。

ここから一気に落ちてくんだろうなあ。

見るのが怖い。でも楽しみ。






余談。
やっぱり祇王のお話は組み込まれないですねえ。
さすがにそこまで手を広げるととっちらかっちゃうもんなあ。
仕方ない
ちょっと見たかったんです。
白拍子好きなんで(笑)
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる