籠釣瓶花街酔醒
シネマ歌舞伎『籠釣瓶花街酔醒』を見てきました。
公開初日に見たのですが、ほぼ満席。
結構な人の入りでビックリ。
映像で見る歌舞伎ってのもだいぶ根付いてきたかなあ。


お話はこんな感じ。



上州佐野の絹商人、佐野次郎左衛門(中村勘三郎)と下男の治六(中村勘九郎)は、江戸で商いをした帰りに、話の種にと桜も美しい吉原へやってきます。初めて見る華やかな吉原の風情に驚き、念願の花魁道中も見ていよいよ帰ろうとするところへ、吉原一の花魁、八ツ橋(坂東玉三郎)の道中と遭遇し、この世のものとは思えないほど美しい八ツ橋に次郎左衛門は魂を奪われてしまいます。
それから半年、あばた顔の田舎者ながら人柄も気前も良い次郎左衛門は、江戸に来る度に八ツ橋のもとへ通い、遂には身請け話も出始めます。
しかし八ツ橋には繁山栄之丞(片岡仁左衛門)という情夫がおり、身請け話に怒った栄之丞は次郎左衛門との縁切りを迫ります。それを知らない次郎左衛門は八ツ橋を身請けしようと同業の商人を連れて吉原へやってきますが、浮かぬ顔をした八ツ橋に突然愛想づかしをされ、恥をかきうちひしがれて帰っていきます。
それから四ヶ月が過ぎ、次郎左衛門は再び吉原に現れ、わだかまりなく振舞いますが…。












実際に花街でおきた名刀「籠釣瓶」にまつわる事件が題材になってるそうです。

「見染めの番」→「縁切りの場」→「大詰」と纏められているお話なんですが、
一幕の次郎左衛門が八ツ橋に一目惚れする姿に微笑ましくてクスクス笑い、
二幕の八ツ橋に知己とはいえ人前で派手に愛想をつかされる場での
次郎左衛門の絶望感がひしひし伝わり泣かされて、
三幕の次郎左衛門の怨念と、ゆっくり崩れる八ツ橋の美しさと儚さにただただ呆然。


改めて「歌舞伎って凄い」と心底思わされました。
とくに二幕の中村家親子が凄まじいのなんのって!
あんなの1ヶ月毎日もやってるのかと思うと「凄い」以外無いです。


確かこのお話って、グローブ座でジャニーズの誰かが主役で
上演されたはず。
現代劇にしたのか、時代劇にしたのか、気になるなあ。
歌舞伎とグローブ座見比べた人とか居たら感想聞いてみたい。



歌舞伎は生の舞台を見ようと思うと少々勇気のいるお値段ですが、
映画となれば2000円。


ほんとおすすめ。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

お久しぶりです~^^


すずさんがおっしゃられてる
グローブ座で上演した公演は
「カゴツルベ」(2009年頃)だと思います。
主演がエイトの安田くん、共演で風間くんも出てました♪

私は実際に見てないのですが
少クラプレミアム内で
レポート?が流れてたのを
なんとなく覚えてたので。

それだけお伝えです(笑)
ありがとうございます♪
ともぶーさん

お久しぶりです~i-189お元気でしたか?

なるほど、カタカナ名で安田くんでしたか!
しかも風間くんも一緒だったんですねえ。
今回見たシネマ歌舞伎の方は庄屋の主人と丁稚という感じの
間柄でしたが、この二人だとどんな立場の人間だったんだろう~i-176

感想探してみたいと思います。
教えてくれてありがとうi-237
プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる