錦秋特別公演2012

先日の御園座公演で俄然勘九郎さんに熱がアガって
公演終了後、直ぴあに行きチケットを買った中村屋ご兄弟の
「錦秋特別公演2012」を見てきました。




六代目中村勘九郎 襲名記念
中村勘九郎 中村七之助 錦秋特別公演2012


2012.11.17 17:00開演
愛知県芸術劇場 大ホール



内容は4コーナーで構成されていて、
まずは一つ目。

一、『吉原雀』 勘九郎、七之助

しかけ無しの素踊りで、まだまだ舞踊モノは難しい自分としては
理解できるかなあと少々不安でしたが、内容分かる分からないということより
志向的に面白かったです。
夫婦設定なのですが、勘九郎さんはスッキリ凛々しいし、七之助くんは
素の姿のままでもそこはかとなく可憐。
面白いなあと思ったところは、勘九郎さん、七之助くんが同じに
腕を揺らすところで、七之助くんの方が大きく腕を揺らすんですね。
普通に衣装を付けてるなら、たもとが綺麗に揺れるんだろうなあと
思って、そんなとこにタチ役と女形のしぐさの差のつけ方を
垣間見れたような気がして面白かったです。
でも最後お二人で顔を見合すところは見ていて面映かったな(笑)


二、芸談 勘九郎、七之助

さっとスーツに着替えてご兄弟登場。
司会者の方交えての談話コーナーでした。
中村屋さんなじみのバーのマスターのご紹介やら

(七之助くんは「ウンダーベル男」と呼ばれてるらしい)
(二人して相当飲まれるんだろうな(苦笑))


可愛くて仕方ない息子さんのお話やら

(自分がお父上を「ちゃん」と呼んでいた流れから、自分も「ちゃん」と
呼んでほしくて、自分の顔を指差して「“ちゃん”だよ。“ちゃん”だよ。」と
教えていたら、七緒八くんも自分の顔を指差し、自分のことを「ちゃん」と
呼びだしちゃったらしい)
(息子さんの可愛いところは?の質問に「笑顔とか勉強になります」と優等生の
回答をする勘九郎さんに、横から「『全部』(でしょ。)」とプレッシャーを
かける叔父バカ七之助くん(笑))


七之助くんの女性のタイプやら

(ごう○きあやめさんが押し)
(嵐の番組(マネキン5)に出た時選んでもらったから)
(それ以来テレビで見かけたりすると「この人はいい人だよ~。いい人だよ~。」と言ってるらしい)
(七「僕は単純なんで」だそうで(笑))


御園座のお話やら

(猿之助さんは“戦友”)
(すでに3月の演目を知ってるらしい)
(七「見比べると楽しいですよ」)
(てことはアレか!)


来年公開の勘九郎さん出演の『清州会議』の裏話やら

(織田家の一員の役どころなんだけど、「織田家は鼻が高い」という三谷監督の
言い分から、妻夫木聡くん、勘九郎さん、巳之助くん(みっくん)は付け鼻を
されるハメになったそう)
(篠井さんと、伊勢谷くんはそのまま)
(確かにあれ以上だと日本人にも見えなくなる…)
(勘九郎さんはすでに撮影を終えていて、みんなで集まって撮るんだと
ウキウキで行ったら、自分のスケジュールの都合上か、一人ブルーバックで
撮影して、1日で終わってしまったらしい)


これからの錦秋公演の予定など

(また和太鼓、津軽三味線とのコラボを進化させたものをやりたい)
(そして11回目以降はお芝居も取り入れられたら)


色々お話してくださいました。
この兄弟、本当に仲良しなんだなあという空気が始終漂っていて
微笑ましかったです。


三、秋の色種 國久、仲之助、いてう、仲四郎

お弟子さんたちによる舞踊。
これは風情を楽しむものなんでしょうね。
素敵でした。


四、近江のお兼 七之助

勘三郎さん、勘九郎さんがやってるのを見てやりたかったとか。
晒を使って、まるで新体操のリボンのように踊るのは面白かったけど
これってきっとやってる方はすっごく大変だと思う(苦笑)
腕を下げてひらひらしてるならまだしも、腕を上げて、あの長さの
晒を跳ね上げなければいけないなんて(汗)
今まで見てきた七之助くんの女形姿はいつもため息をつく
可憐さでほんと成年男子だってこと頭から飛ぶんですが、
こういうの見るとやっぱり男の人なんだなあとしみじみ。


五、大原女・国入奴 勘九郎

前半はおかめのお面をつけてころころした大原女で、後半は凛々しい奴に
早変わりして踊るこの演目。
勘九郎さんのキレのある踊りは見ていて気持ち良い!
やっぱり勘九郎さん良いわあ。
すっかりファンになったわあ。




前からこの舞台ことは知っていたんですが
いつも「平日 金山 17時」という、仕事してる人間としては
ハンパな時間設定で行けなかったんですが、今回は休日に
公演ということで行けることになって本当にラッキー。
チケット代も御園座では2万超えだったけど、この公演なら
7000円弱。
行きやすいし、ぜひ来年も行きたいです。
きっと来年平日だとしても会社休んでいくな。
いやもう、楽しみ。


しばらく勘九郎さんの舞台は色々見たいなあと思って
パンフレットに書いてある後援会の詳細見たら、
年会費25000円もするんですね(汗)
さすがというか、なんというか。
まあこのご時勢だし、舞台観たいだけならぴあの無料会員でも
取れるかな。



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる