スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その夜の侍

昨日はスカパー無料放送日でなぜかチェッカーズの「FAINAL」TOURが
放送されてまして。

しかも前半だけ。

高校生で、とても遠征なんて行かせてもらえるわけ無くて
名古屋公演を全力で参加してました。

いや泣いた。
泣いて、泣いて、終わってしばらく立てなかったなあ。


やーーー、青春。


でも、あんな悲しいのは二度とイヤ



さて。



「その夜の侍」を見てきました

なんかまあ、赤堀さんテイスト満載の世界で、映像と舞台が粗いとこもあるけど
なんだかうまいこと融合した作品になってました。

まるで火山噴火のようなお話で。
前半の表面は静か(平凡)に見えるんだけど
ちょこっちょこっと噴出すかのように見せる異常性から、
8月10日の土砂降りの対決シーンを挟んで、
その後の「静音」の空気がまるで違って
面白かったです。

土砂降りの中、健一と木島が包丁一本での対決シーン。
まるで昔の無骨な時代劇みたいな映像で見事だなあと感心。
いったいどっちが健一で、どっちが木島か分からなくなるくらい
雨と、泥と、闇の中、二人とも全力で転げまわるんですが
それまでジリジリ、キリキリ、ピリピリしてたものが
一気に噴き出して、ある意味やっとここで息がつけたような
感覚になった気がしてよかったです。

最後。
健一とプリンがね。
留守録消すことができて、プリンも、頭→おでこ→顔とちょっとずつ口に
近づいてきても、食べずに済んだってところで、
なんか5年前に止まってしまった健一の時間が動き出した感じがして
なんとなくホっとさせられました。


昔、赤堀さん作の「殺人者」見た時も思ったけど
本当に理解するのは難しい話だけど、「殺人者」ほど困惑することはなかったし
ある意味今回は最後、前向きで終わってくれたので
思いのほかさっぱりした気分で席を立つことができました。

いや良かった。

役者さんも力量のある方ばっかりでしたね。
何気に贅沢な作品だったなあ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。