しあわせカモン
プレイガイドは玉砕でした。


ま、そりゃそうだろう。

ご縁恵まれると良いなあ。



ま、気分を変えて。



昨日は友達と夕方から待ち合わせの予定があり、
せっかく都心に出るなら何か映画でも見てみようかと思い
一番時間の都合の良いこの作品を見てみることに。

てことで『しあわせカモン』をセレクト。

最近急激に口コミ評価が上がってきた作品だなーって事くらいの
認識で見たので、もう凄い心にキちゃって、終わった時には大変なことに


人として選択は誤っているけど、ただただ「幸せになりたい」の
一心で必死に生きる母子のお話でした。
松本哲也さんという岩手で活躍されている歌手の方の
実話をベースとした映画なのだそうです。
お母さんの扶美江さん役を鈴木砂羽さんが演じてるんですが
これが凄い。
薬物中毒でおかしくなってしまっている時の悲惨さと、
ダメ人間なんだろうけど愛嬌たっぷりで
憎めない正気の時のどっちもが違和感なく共存しているのを
表現できるって凄い女優さんだなと改めてしみじみ。
最後の方で、夜、誰もいない商店街で、
扶美江さんが息子の哲也におんぶされてるシーンがあるのですが
「やっと二人で幸せの入口に立てたんだなあ」と思えたら
ここでホロリときてしまいました。
二人で幸せでいる時間は短かったけど、確かに扶美江さんは
幸せな気持ちで最期を迎えられたんだし良かったなあと。


この作品は2011年お蔵出し映画祭グランプリ作品だそうで。
砂羽さんいわく色々な事情でお蔵入りする映画が年間400本もあるんだそうです。
舞台でもテレビでも映画でも言えることなんだろうけど
この作品同様、真摯に作り上げられたもので
どれだけ日の目を見ることができなくなったものがあるんだろうと
思ったら、そんなことでも切なかったです。


いや、良い映画が見れたなあ。


単館系、しばらく面白そうな映画が目白押しで楽しみ。
とりあえず次は『すきやばし次郎』見たぁい
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる