スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小野寺の弟 小野寺の姉

遅くなりましたが、SB日本一おめでとうございます。

でも、ちょっとねえ。


もやもや。

でも、やっぱりおめでとうございます。



さて。




「小野寺の弟 小野寺の姉」を見てきました

主演はお姉さん役の片桐はいりさんと、弟役の向井理くん。
前に舞台があったんですよね。
最初ニュースで聞いた時は、なんて面白いキャスティングだって思ったのを
うっすら覚えてて。

「向井くん出てるのに、映画館がなぜ単館系?」と思ってたんですけど
なるほど、ストーリーが単館系。
早くに両親を亡くした妙齢の姉弟がまだ一緒に暮らしていて、
そこには繊細な距離感で相手を思いやっている二人がいて
本当にほっこり微笑ましいお話でした。

向井くんはボサボサもさもさしてるけど、やっぱりどこかキュートで
微笑ましい弟を好演してましたが、はいりさんの「味」はやっぱり凄いなと。
「いや、でも、実際ってそうだよね」って思わされちゃうリアリティが
色々自分に投影しちゃって、切なかったあ
失恋イタいよね、この歳で

でも色々あってそれまで踏み出すことをやめてた二人だけど、今度は止まること無く
ちゃんと進んでいけるだろうなって感じがして良かったです。


そうそう、小道具。
かなりの年季の入った木造一軒家に住んでるんですが
年齢きてるから、カツオ節削り器とか、コーヒーミルとか
ちょっとしたこだわりがさりげなく置いてあるとこもツボ。



及川ミッチー出てくるわ、ムロツヨシさんは出てくるわ、橋本じゅんさんは出てくるわ、
そういうとこも自分得映画でした。
特にムロさん。
オイシすぎ。



脚本・監督の西田征史監督が私が過去号泣映画№1と2の「ガチ・ボーイ」(脚本)、と
「おにいちゃんのハナビ」(脚本)の方だそうで。

なるほど。納得。


原作も読んでみたいなあ。



公式HP:http://www.onoderake.com/
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。