イントゥ・ザ・ウッズ

「イントゥ・ザ・ウッズ」見てきました。


うむ。難しい

始まったばかりなので、あらすじには触れられないけど、
ディズニーファンとして見ると馴染めないかも。
不道徳だったり、不誠実だったりするこのお話をよくディズニー実写化しようと思ったなあ

元々はブロードウェイミュージカルだったこのお話。
時々ウィットにとんでて面白いとこもあるんだけど、
その後のモヤモヤしたネタで気分が落ち込んでしまった
キャストの演技力が良いだけに、よけいにどんより。

言いたいことはラスト10分くらいに集約されてます。
最後、残った人々は夢(というか催眠だな、この感じは)から覚めて
現実味のある生活が平々凡々でも幸せであることを祈ります


にしてもラプンツェルはどうなったんだろう…。

そして、また王子が役立たず…。
(しかも一人はまたもダメだった)

さらに、ジョニーデップ、やっぱり個性強いから、ああいう使い方じゃ
消化不良。
「友情出演」てうたっておいてくれないと。
最後までまた出てくるのかと期待しっぱなしで、どうしても肩透かし感が否めない。

つまらないわけじゃないんです。
言いたいことはしっかりしてるし。
ただ、各々のストーリーが好きだったから、それを何も「現実そんなキラキラ幸せばっかな
わけないじゃーん」とされちゃったのが私のな消化できなかったってとこがこの映画に
負けた要因なのかも



ああ、シンプルに楽しい映画が見たい。

シンデレラどうなんだろ?
ハッピーエンドであってほしいな。。。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる