蒼の乱

ゲキ×シネ「蒼の乱」観てきました








いやあ、さすが新感線。
血沸き肉躍る!

チケ取り当時、テレビやら歌舞伎やらでしばらく源平モノが続いていて
食傷気味になっちゃって、新感線×天海さんだってのに重い腰があがらず
ゲキ×シネ待ちしてました。見れて良かった。
てか、やっぱり舞台観に行くべきだった。ちょっと後悔しちゃった。
そのくらい楽しかったです。


早乙女兄弟の殺陣は、もうお見事の一言。
太一くん、相変わらず目にも止まらぬ太刀捌き。
でも流して刀を振り回してるのではなく、ちゃんと形になってるのが
何度見ても感心するし感動する。
あのスピードに対応できるなんてのは早々居ないだろうから
今回の弟さん参戦はベストキャスティングだなと。
ところどころスローモーションになっていたんですけど
スローになっても流麗なんですよね。
天性もあるんだろうけど、やっぱり稽古の賜物だと思う。
しかも今回は本当に新しいキャラを割り当てられててそれも面白かったな。
太一くんのイメージといえば今までクールビューティの鉄面皮だったのが
今回は崩壊シーン有りで(笑)
今ひとつ感情読めない人だけど、こういうキャラをフルスロットルで
やれてたんだったらいいなあ。

そして天海さん。
フォトジェニックさは相変わらず。
正面もナナメも横も下からなめようと、どの角度もお美しい。
出てきた瞬間、『おやくそく』ではない「きゃああああああ!!!」の
声を押し殺すのに一苦労です。
しみじみ宝塚時代に出会わなくて良かったなあって。
出会ってたら身代潰してそうだ、私。
今回スローモーションがよく使われてた印象なのですが
ちょっと過多な感じがして気になったのですが、天海さんが蒼いマントを翻すところと、
早乙女兄弟のチャンバラ場面はスローにして正解。
あのマント翻すとこでオチたー。
別に表情見えてないんですけど、感情が見えるのですよ。
天海さんの持つオーラと華はやっぱり格別で特別だなと今回も
しみじみ思わされました。
ほんとなんでチケット取らなかったんだろう!
ほんとバカだったな、自分

じゅんさんのウォーホースも笑い死ぬかと。
舞台を観た友達から

「じゅんさん今回“馬”だから。」

って聞いていたんですけど
私の中ではコントに出てくる顔だけ抜いている着ぐるみか、
まあ、ライオンキング的だと思ってたんですが、まさかのウォーホースでくるとは。
最新でした。
さすが新感線(大笑)

編集あったからか、今回聖子さんの見せ場がちょっと薄かったような。
他の劇団員さんもですけど、『劇団☆新感線』の舞台なので
確かにメインが強力なのは分かるけど、団員さんたちの
キャラ立ちも本当に見事なのでそこはしっかり見せて欲しいなと。
まあ、それは来月始まる『五右衛門vs轟天』でガッチリ期待してれば
良いのかな。楽しみだなー『五右衛門vs轟天』


今回よりチケット代がお安くなり、サービスデーも適用となった分、
編集され、舞台上演時間よりコンパクトに。
この舞台は観に行けなかったので、どこを端折られたか自分には
分からなかったんですが、少し暗転が気になるかなあ。
編集、悪いことではないと思うんです。
まだこういうライブビューイングに興味ない人誘う時に
普通の映画より値段高いわ、拘束時間長いわじゃ、やっぱり誘いづらかったり
しましたし。
ただ逆に普段頑張って舞台に足運んでる人からすると
映像で見ても間違いなく面白いからゲキ×シネで満足しちゃって
生で舞台を観るのを止めてしまう人が出てきたら本末転倒だなあと
思っていて。正直、今回の『蒼の乱』は自分はそんな下心あったし。
シネマ歌舞伎もだけど、映画館上映は「とっかかり」であるようにしないと。

プラチナチケットのステージが気軽に見れるのは本当に
有り難いことなので、劇団も潤って、ファンも楽しめるように
もっともっとなっていけば良いなあ。


次回も楽しみ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる