スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEWシネマ歌舞伎

NEWシネマ歌舞伎「三人吉三」を見てきました。







チケットが取れなかったので、映像化は本当に嬉しい!

が、「NEW」というだけあって、今までの舞台をそのまま映像化というのとは
違って、今回はかなり手が入ってます。
効果的に使われてるところ有り、逆に煩わしくもあり。
舞台を主としている人にはスローモーションやストップモーションというのは
すごく面白いものに見えるのだろうけど、普通のものも見てる私的には
ちょっとめんどくさい間だなあと思ってしまって
うーん、今後はこうなってしまうのかなあ。
私は普通に素直に見せてくれたらなあと思うけど


お話は期待どおり面白さ。
運命というのは恐ろしい。因果ってのは切っても切れない。
なんて世知辛いお話なんだろうとグっときました。
生の舞台ならボロ泣きしてたな、きっと。
勘九郎さんのいつも感心・感動させられる魂のこもった演技、七之助さんの
ここ数年のどんどん深みと幅を増す演技、松也さんはお初だけど、
松也さん本人の中村屋兄弟に付いて行こうとする気持ちがお坊と重なって
見えて良かったです。
それにしても、淡路屋の笹野高史さん。
私が観るのは法界坊以来なんですが、相変わらずの力量で
一見穏やかな人間かと思いきや、悪党になった時の凄味たるや
ハンパない。本当に背筋に寒気が走るほどの空気の変えぷりに
感服しました。
これからもコクーン歌舞伎、平成中村座と見ていけたらいいな。


この上演、英語字幕付の日を設けたようなのですが
海外の人見に行ったかなあ。どういう感想なんだろ。

気になるなあ
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。