スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿修羅城の瞳2003

最初は名古屋でもちょっと郊外の映画館でしか上演してくれなかった
ゲキ×シネリバイバル。
先日1週間限定でミッドランドスクエアシネマで上映されたのを
最終日に駆け込みで見てきました。







2005年以降はゲキ×シネやDVDでほとんど観てるのですが
今回のものはそれより前の作品でもう興味津々


ということで2003年作品。
メイン役者さんは市川染五郎さんと天海祐希さん。
天海さんといえば、『五右衛門ロック』、『蒼の乱』と観ての
今回なのですが。


が。


12年前?


どこがお変わりになられているところある?



なんかもう、びっくりするほど変わらない美しさ。
あえていえば、オーラが若いってくらいかなあ。
この頃も出てきたとたんに「ライト多めに点けた?」って思うくらい
なんですが、今は更にオーラが強くなって眩しさ倍増
そんな天海さん、今回染さんとキスシーンが。
恋愛モノの天海さんを見たことないので、そこに小さく動揺してしまいました

染五郎さんはもう大熱演。
新感線の舞台で真ん中張ってるゲスト役者さん色々見たけど
歌舞伎役者さんの役の熱って、どれだけ観ても凄まじいなと。
染五郎さん、美丈夫だし、殺陣も歌舞伎から考えたら5倍速くらいあるけど
一分の崩れも無くカッコ良かったです。

最後の意味深。
阿修羅が赤子を抱いているんですが、あれはいったい
どういう…。
因果は廻るのでしょうか。
いやあ、面白かったです。
今や押しも押されぬ一大エンタメ集団ですが、この頃はそこまで
予算豊かって訳ではなかったと思うんですが、それでもド派手で、豪華。
ほんとこんなの、何の予備知識無しにいきなり見たら
だだハマりしちゃうよなあ。


今月末にいよいよ『阿弖流為』観劇。
今からドキドキでコト切れそうです。
ちょこちょこと稽古での熱気が伝わってきていたので
毎日少しずつ期待値上がっている状態で。
色々あって頑張りきらないといけない世代が
本当に頑張っている歌舞伎界。
今回は新橋だけど、好評なら歌舞伎座公演も夢じゃないと思っています。

期待!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。