スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

此処から

11/1をもって20周年アニバーサリーツアーが閉幕。
本当に楽しかったし、本当にいい思い出をいただきました。

にこ健が連投されていて読んできたんですが、それが本当に
温かいメッセージでちょっとうるんときてしまいました。
色々あったろう、20年。
V6というグループはグループにあったことをオープンに
話せるグループでは無くて。
でもポロポロとこぼれる話に「ああ、色々あったんだな」を感じては
本当に誰一人欠ける事無く20年を迎えられたことは自分が感じていた以上に
メンバーは奇跡だと思っているんだろうなあと。

20周年ベリベスに入っている「此処から」という曲の
健くんのパートを聞くたびにきゅぅっとなってしまうんですよね。

「ビールの泡みたいに 僕ら消えてしまうことだって出来たのに」
「此処からいなくならないで」

この二つたまんない。
本当にダイレクトな健くんの気持ちなんだろうなあ、きっと。

ちょっと前の「石橋温泉」でMAXのナナちゃんの悩み相談での
貴さんの言葉がしみじみと思い出されます。
MAXもデビュー20周年だそうで、本当はなっていたかった未来があったのに
それになれていないとグチるナナちゃんに、貴さんの考えは
「20年もこの世界で同じメンバーでやれていることの方が重要」
「(グループでの」5年、10年先を考えてしぶとくやっていくしかない」
ということでした。
このナナちゃんの時も、その前にバナナマンかおぎやはぎのラジオに貴さんが出た時にも
「とんねるず解散しないの?」と問われて、貴さんの答えは
「一人で出てきた(売れた)わけじゃない。二人で出てきた(売れた)んだから
そこに意味があるんだと思う」という回答だったんですけど。
V6もそうであって欲しいです。
勝手ながら。


あと。
今や配信の世界になり、1曲100円程度の価格で、そこから印税なんて
ほとんど無いに等しい今や瀕死状態の音楽業界。
一部の有名(絶対売れる)アーティストにしかCDを作ってもらえない状態なんだそうです。

オーラスのつーこさんのお話を知って、その事も思い出しました。

好きならCD買います。

はい。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。