64(前編)
『64前編』を見てきました

元々NHKでピエール瀧主演でドラマ化されていて、それが面白かったので
絶対映画も面白いはず!!と友人に大プッシュされまして。

原作は横山秀夫。『クライマーズハイ』もだけど記者群像モノが
得意な人なんだなあと思ったら、経歴が記者の方なんですね。納得。

それにしてもストーリーが面白い。
わずか7日間しかなかった昭和64年に起こった誘拐殺人事件を巡る
警察、マスコミとの窓口になる広報、マスコミ、と三者三様の立場と
プライドと、正義と悪。だからといって、完璧な“勧善懲悪”な訳でも
ないのが面白い。善悪どっちの感情も持っているのが人間だものって事で。

昭和64年の事件一つを中心に巡って終わると思いきや、
それを模倣したような事件が時効1年前に再び起こったとこで
前編終了。


気になるじゃないか!!!!!


後編は来月公開。
うう。ネタバレ読んじゃうか悩みどこ。
とはいえ出てくる人数が多すぎて、私のチープな脳みそで
小説の相関図が把握できるか全然自信無し。

ピエールのドラマの方の最終回見ちゃうか…。

ああ、悶々………。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる