錦秋特別公演2016
毎年楽しみにしている中村勘九郎、七之助出演『錦秋特別公演2016』に
行ってきました。


今回は前回までの「芸談」だったのが、今回からは「歌舞伎塾」という
ものに変更。
より歌舞伎を知ってもらう為にお弟子さんに楽屋入りから舞台に出るまでの再現
(そのまま演目上演)と同時に鳴り物がどういう風に使われているかのご説明。
これね。皆さん本当に一生懸命で。
少しでも歌舞伎を知ってもらおう、興味を持ってもらおうと
あれもこれもめいっぱい詰めた福袋的なコーナーでした。
面白かったんですけど、まだまだ歌舞伎初心者マークの自分としては
全部が興味深かったので、全部しっかり見たいんだけど、あれもこれもが
同時進行で進めちゃうので、目がバタバタしてしまいそこが
惜しかったです。衣装つけるとこを始終見る機会なんて
絶対無いからしっかり見たかったな。
立役のいてうさんと、女形の鶴松くんがモデルになってくれていた
んですが、なぜか色々鶴松くんが遅くて(笑)
お兄さんた達から「ゆとりですからねー」と散々からかわれていて
微笑ましかったです。
中村屋のお兄さん達が次の仕度でコーナー途中で抜けると
代わりに回すのが澤村國久さんと中村小三郎さんで
いてうさんに比べると仕度が遅れてしまった鶴松くんを
國久さんがからかう、からかう(笑)
最後には

鶴松「その言い方ムカつく…っ」

ってマイク奪って言い返してました。
(でもそれも切替される(笑))
ほんと子供の頃から知ってるから構いたくなっちゃうんだろうなあ。
頑張れ、鶴松くん!
綺麗だから!(笑)

そうそう、いてうさんは岐阜出身との事でこの公演ご家族が
おみえだったようで。
そしたら勘九郎さんが「彼女、紹介した?」とつっこんでいて。
どうもご結婚されるようで。お目出度い。
となると続けて聞かれるのは七之助さんのプライベート。
去年同様「ないです」とドきっぱり。
「おじじ」と呼ばれるまではまだ遠いようです、勘九郎さん。
無理する必要はないけど、次世代大事。


休憩挟んで、2幕目は七之助さんの『汐汲』と勘九郎さんの『女伊達』。
『汐汲』の七之助さん、引抜き有り、色んな小道具を使いながらの舞踊で
楽しくて可愛らしくて、あらすじ読んで見ると切なくて素敵でした。
七之助さんというと『阿弖流為』の立烏帽子が印象強くて
私の中で『強気女子やらせたら最高』と思ってたんですが
こういうのもやっぱり良かったです。
そして勘九郎さんの『女伊達』。“伊達”と付いてるだけに
最高にかっこいい女性を踊りで表現されてました。
勘九郎さんの舞踊はド素人の自分が見ても目を引く素敵さで。
まだまだ舞踊を理解しながら見るのは難しい自分ですが
楽しかったです。

今年は舞踊が3つ続いて、しかも三者三様の女形で面白かったんですが
去年の『仇ゆめ』が凄く面白くて今でも「もう一回見たぁい!」と
色んな人にぐずっているので(迷惑)、一つはお芝居モノが入っていてくれると
まだ謡が聞き取れない初心者の自分としてはありがたいなあとも思ったり。
まあ今回は直前までの勘九郎さんの舞台はあるから
色々難しかったりしたのかもしれませんが。
まあ、この中村屋の特別公演は本当に楽しいので、来年に期待。
そして出来たら土日で来て。
平日なら定時終わりで駆けつけられる時間でお願いします…。

とはいえ、本当に中村屋さんが一生懸命考えてくれて、歌舞伎を
もっと身近に思ってもらおうと慣れないマイクを持ってお話して
くれてる姿に心底ほっこり。
これからも頑張って続けて欲しいです。
来年は歌舞伎未体験の方連れて行く予定だから是非!


実はこの公演でお着物deお出かけデビューの予定でした。
残念ながら雨。
まあ、仕事が立て込んでて全休取れなかったから
その時点で着替えること出来ないからアウトではあったんですけど。
本当に残念。
一生懸命、きれいに着れるようにお稽古したんだけどなー。

お正月は着るだろうけど、観劇デビューはこの間発表になった
フミヤのフルオーケストラコンサートに予定変更。
センチュリーホール遠いけど、なんとか着たい!
着れるようになったけど、今度は長時間着て疲れないように
慣れないと。
今年の冬頑張って着ねば。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる