猿若江戸の初櫓

会社がお休みの日に幸運にもチケットが手に入ったので
東京に行ってきました

まず初めに向かったのが歌舞伎座。


猿若祭2017


「猿若祭二月大歌舞伎」の昼の部1幕目「猿若江戸の初櫓」を
一幕見席で観劇。
やっぱり勘九郎さんの踊りって気持ち良い。
お話もいいんですよね。
出雲の阿国が猿若や若衆を引いて江戸にやってきて
どこに小屋をかけようかと思案している所に、材木商の豪商を
手助けする事になり、それを見ていた江戸の大名様が褒美として
自分の領地に小屋を建てることを許し、さらにその小屋の建設を
助けた材木商に任せ、猿若は大喜びで踊りを披露するというお話。
中村屋の成り立ちの一番最初のお話で、これほどこの特別な回に
ぴったりな演目はないなあと思った次第で。
事実では無いらしいですが、なんとも華やかでお目出度くて意味のある
気持ちの良い演目でした。

一幕見席、初めてだったんですが、本当に良くできたシステムで。
一幕1000~1500円くらいで見れるなんて、なんて素敵。
次回から東京行く際、時間あったら気にしてみよう


見る事は叶いませんでしたが、中村勘太郎丈、長三郎丈
襲名おめでとうございます。

ぜひ歌舞伎大好きで育っていってください。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる