平成中村座 夜の部

昼の部に続いて名古屋平成中村座夜の部も観てきました。

一つ目の演目は『義経千本桜-川連法眼館-』
勘九郎さん襲名披露で御園座でかかった演目。
これで自分は歌舞伎が本当に好きになった思い入れのあるお話。
あの時、この三幕見たさに3日に1度御園座通ったのが懐かしい。

今回の狐忠信は中村扇雀さん。
『封印切』の忠さんでも思ったけど、無邪気が残る役が
上手だなあと。
最後ほっこり泣けるお話なんですよ。
親狐の皮を剥いで作られた静御前の“初音の鼓”。
鼓が鳴れば誘われて忠信に化けた子狐が嬉しくて踊り出す姿が
可愛らしくて、可愛らしくて。
最後にはその親を思い、親が居なくて辛い思いをしてきた子狐に自分の過去も
重ねて見た義経がその鼓を子狐に授けることにします。

それにしても、すっかり忘れていた

「出があるよ!」

の声。
相変わらずビックリさせられました(笑)
楽しかった。


二幕目は『弁天娘男女白浪』
前は尾上菊之助さんで観たかな。
「知らざあ言って聞かせやしょう」から始まるセリフのカッコイイこと。
この夜の部の少し前に久しぶりにゲキ×シネ『薔薇とサムライ』を
観たとこで、この名乗りのセリフでうっかりニヤニヤしちゃった。
この演目。かっこいい場面を二つ切り取って見せているので
有名は有名な演目だけど、冷静にみるとかなり唐突。
でも、そこはいいやと思わせる5人揃っての名乗りの場面は
現代の自分が見てもかっこいいんだから、歌舞伎が普通に娯楽の一つだった
時代に観たら、それはもう娘さんメロメロなんだろうなあ。

そうそう。弁天小僧は当然七之助さんの配役なんですが、
弁天小僧なので素性がバレた時、扮装していたお嬢様衣装を
ばっさばっさと脱ぎ散らかすんですが、昨今女形一本のイメージの
七之助さんが肌蹴るの見るのって自分的には初めてだったので
なんていうかもう目のやり場に困るっていう…(バカ)
一緒に騙しに入った南郷力丸(片岡亀蔵)とわちゃわちゃ
小競り合いをしながら帰って行く姿が可愛かったです。
眼福。


三幕目は『仇ゆめ』。
一昨年の中村屋特別公演で観て、泣かされた演目で。
それをまた見れるとは思ってなかったので演目が発表された時は
本当に嬉しかったなあ。
今回も本当に良かった。
最後の場面、濃いピンク一面の中で命を引き取る狸とその狸を
膝枕して寄り添う深雪太夫。
幻想感がましましで夢のように美しく切なかったです。


ありがたい事に昼夜どちらも見ることが出来て
本当に楽しかったです。
勘九郎襲名披露を御園座で観た時は空席が目立ち、
お父様の名前が無いとこうも厳しいものなんだと思ったのが5年前。
立ち見まで入れての満員御礼の会場を見て、そんなとこでも
感慨深し。
また早い段階で名古屋で観たいです。


ああ、楽しかった!!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

すず

Author:すず
藤井フミヤさんとV6をビタミンにして日々楽しくすごしています。

最近の記事
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プルダウンリスト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
FC2カウンター
ピヨる